狙いは広告収入じゃない!?電通とタッグで進める、トライアルのリテールメディア 戦略とは

Pocket

リテールメディアバナー

「スマートショッピングカート」や「リテールAIカメラ」といった最新技術をフル導入した「スマートストア」の展開、AIの積極活用、それらを含めた「リテールDX戦略」──と「IT×小売」の領域では絶大な存在感を誇るトライアルカンパニー(福岡県/石橋亮太社長)。同社では、「リテールメディア」という言葉が注目されるようになる以前から、広告事業に取り組んできた。トライアルが仕掛けるリテールメディアとはどのようなものなのか。

スマートストアが約90店舗に!

 福岡県に本部を置き、九州、中国から北海道まで全国に店舗展開するトライアル。食品から非食品まで圧倒的な品揃えを誇る、売場面積1500坪前後のスーパーセンター業態を主力に出店を続け、最新期の売上高は6000億円に迫る。

 同社は1980年代の創業期から「ITと小売業・流通業を融合させ、お客様の役に立つ」というビジョンを掲げ、デジタル技術の活用に取り組んできた経緯がある。近年は、お客が商品を自らスキャンし、専用レーンを通過するだけで決済が完了する「スマートショッピングカート」、売場天井部に備え付けたカメラでお客や商品の動きを把握しAIを用いて分析する「リテールAIカメラ」、メーカーとの協業により効果的な商品提案を行う「デジタルサイネージ」などを導入し、新たな購買体験を創出する「スマートストア」の展開に力を入れており、272店舗中(2022年8月末時点)の約90店舗がスマートストアとして営業する。

 近年はスマートストアの外販事業も手がけており、すでに数社の小売業にトライアルグループが開発したスマートショッピングカートを納入している。また、直近では、銀行口座から直接オンラインでチャージできるオリジナルスマホ決済アプリ「SU-PAY(スーペイ)」を22年9月にリリース。従来の「LINE公式アカウント」に加えて、アプリでの顧客接点を増やしている。

Retail AIの永田洋幸社長
Retail AIの永田洋幸社長

 「スマートショッピングカートにデジタルサイネージ、そして今回リリースしたSU-PAYと、トライアルとして3つのメディアをフォローできるようになった」

 そう話すのは、Retail AI(東京都)の永田洋幸社長だ。トライアルカンパニーと並んでトライアルグループの中核をなすRetail AIでは、「スマートショッピングカート」「リテールAIカメラ」といったITソリューションの開発・導入支援などを手がけており、リテールメディア事業において中核的な存在となっている。

 にわかに注目を集めるようになったリテールメディアについて、永田氏は

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

記事執筆者

ダイヤモンド・チェーンストア編集部 / 株式会社ダイヤモンド・リテイルメディア

ダイヤモンド・チェーンストア編集部は、業界をリードする提案型編集方針を掲げ、小売業の未来を読者と共に創造します。私たちは単なるニュース伝達に留まらず、革新的なビジネスモデルやトレンドを積極的に取り上げ、業界全体に先駆けて解説することを使命としています。毎号、経営のトップランナーへの深掘りインタビューを通じて、その思考や戦略を読者に紹介します。新しくオープンする店舗やリニューアルされた店舗の最新情報を、速報性と詳細な分析で提供し、読者が他では得られない洞察を手に入れられるよう努めています。私たちの鋭い市場分析と、現場の細部にわたる観察を通じて、注目すべき店舗運営の秘訣を明らかにします。

ダイヤモンド・チェーンストア編集部紹介サイトへ

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態