三越伊勢丹、商業施設「フード&タイム」を7月15日開業、JR大船駅直結

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

三越伊勢丹の食物販を中心とした商業施設「フード&タイム イセタン オオフナ(FOOD&TIME ISETAN OFUNA)」の完成イメージ
工食品や総菜、スイーツなど食品関連の15のショップが入る

 三越伊勢丹は7月15日、横浜市と鎌倉市にまたがるJR大船駅直結の大型複合施設「グランシップ(GRAND SHIP)」内に、食物販を中心とした商業施設「フード&タイム イセタン オオフナ(FOOD&TIME ISETAN OFUNA)」を開業する。

 同施設はグランシップの1〜2階に入居し、面積は約3000平方メートル。合計27のショップで構成され、1階は総菜やスイーツなど食物販の専門店、2階には化粧品や眼鏡などの専門店とサービス系のテナントが入る。

 主なテナントは、1階がコーヒーや輸入菓子・ワインなどを販売する「ジュピター」、ライフコーポレーションの有機・健康食品のプライベートブランドを売る「ビオラル(BIO-RAL)」、とんかつ専門店「とんかつ新宿さぼてん」、焼き鳥の「鳥ぷろ」、ベーカリーカフェ「ジョアン」など。2階は化粧品のセレクトショップ「アインズ&トルペ」、眼鏡の「JINS」、保険ショップの「マネードクター」、クリーニングの「白洋舍」のほか、歯科診療所や美容室、洋服や靴の修理店などが入る。

 グランシップは大船駅と歩行者用通路で直結する大型複合施設で、2月27日にオープンした。建物は地下2階・地上8階建て(5〜8階は駐車場)で、集合住宅「ブランズタワー大船」と一体となっている。地下1階ではライフコーポレーションが食品スーパーを営業している。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media