コロナ時代のスーパーマーケット「イトーヨーカドー新田店」の新しい取り組みとは

「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 若狭靖代
Pocket

GMS大型店と同等の冷凍食品売場を導入

 また、新田店ではコロナ禍で需要の高まる冷凍食品(冷食)の販売に注力している。デリカコーナーに隣接して、イトーヨーカドーの大型店と同程度の売場面積を確保し冷食コーナーを設置。種類ごとに細かく分類して陳列し、目的のものを見つけ出しやすいレイアウトになっているほか、軽食や、昼食として購入されることの多い麺類、温めるだけのワンプレート商品などが豊富に取り揃えられている。
 さらに、青果・鮮魚・精肉売場にもそれぞれ冷凍ケースを配置した。これによって、たとえば青果を選ぶ際、用途に応じて冷凍野菜も比較し購入することが可能になる。購買行動に合わせた配置によって商品の選択肢を増やし、より便利で顧客心理にフィットしたSMをめざす。

冷凍食品売り場の写真
見渡しやすく取り出しやすいケースに、豊富なラインアップの冷凍食品が取り揃えられている。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media