関西進出の直前に出店!関東の最新店「ロピア田無店」をレポート

2020/10/02 05:45
矢野清嗣

ロピア(神奈川県/高木勇輔代表)は9月18日、東京都西東京市に「ロピア田無店(以下、田無店)」をオープンした。9月29日には「ロピア寝屋川島忠ホームズ店」(大阪府寝屋川市)を出店し、関西進出を果たした同社(同店の売場レポート、周辺競合店の対策状況は「ダイヤモンド・チェーンストア」誌の11月1日に掲載予定)。関東圏の最新店ではどのような売場づくりをしているのだろうか。
(調査日:9月20、25日、本文中の価格はすべて本体価格)

ロピア田無店の外観

ホームセンターの2階部分に出店

 西東京市は、多摩地区東部に位置する。2001年に旧・田無市と旧・保谷市が合併して誕生した同市の人口は約20万人で、都心のベッドタウンとして発展してきた。田無店は、東京都心と多摩地区を結ぶ幹線道路「新青梅街道」沿いにあり、近隣には「ニトリ」「イエローハット」などが店を構える。近隣の自社店舗としては約6km離れて「ロピア東村山店」がある。一方、競合店としては「イオン東久留米店」「マルエツ田無西原店」などがある。

 店舗は今年9月にオープンしたホームセンター「コーナン西東京田無店」の2階にあり、売場面積は約470坪(歩測)。昨年2月に開店した「ロピア平井島忠ホームズ店」(東京都江戸川区)とほぼ同じサイズで、売場配置も類似している。ロピアにとって、このスタイルは売場面積500坪前後で売上・利益を十分に確保可能な、「ホームセンター仕様都市型フォーマット」であるのかもしれない。

 部門ごとに売場をみていこう。導入部青果売場は、入口付近に約15坪のスペースで野菜・果実の催事コーナーを展開する。開店から3日目に店舗を訪ねると、「ピオーネ」「シャインマスカット」(1パック699円)を2パック1000円で販売しており、多くのお客が2個、4個と買物カゴに入れていた。壁面はリンゴや柿などの旬の果実を配置する。

 主通路では、入口から見て右側の壁面60尺、左側48尺で売場を展開。通路幅はわずか約9尺で、買物カートが2台並ぶと通り抜けるのが難しいほど狭く、調査時は青果売場を通過するのに時間がかかった。

 壁面冷蔵ケースではトマトやキュウリ、ナス、キャベツといった売れ筋を超低価格で提供する。左サイドでも常温ケースでキウイ、バナナ、アボガドなど、冷蔵ケースではレタス、ブロッコリー、白菜などを並べており、いずれも思わず立ち止まってしまう安さで提供している。ロピアの既存店の青果は、作業場と売場が一体としている売場が多いが、この店は作業場が遠く補充に苦労している様子だった。

1 2 3

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media