「ロピア千城台店」を解説! 売場から感じた「慎重さ」とは

2020/09/02 05:45

破竹の勢いで出店を続けるロピア(神奈川県/高木勇輔代表)。2021年2月期に入ってからは5月、6月、7月と3カ月連続で新規出店、9月には「田無店」(東京都西東京市)のオープンを予定するなど、その勢いはとどまるところを知らない。怒涛の出店のなかで、売場ではどのような進化が見られているのか。前編に続いて、2020年8月末現在の最新店「千城台店」(千葉県千葉市)の売場を解説する。(調査日7月26日)※本文中の価格はすべて本体価格

ロピア千城台店が入るSC「イコアス千城台」

肉に並ぶ「ロピア名物」!圧巻の寿司コーナー

 ロピアの既存店の多くは、青果と精肉のあいだに鮮魚売場を配置しているが、千城台店では入口から見て店舗奥側の主通路上、約26坪(歩測)のスペースで展開する。

 壁面では、マグロやタイなどの刺身用のほか、ウニやタコ、珍味などを扱う。既存店でもおなじみの寿司・海鮮丼コーナーも設けている。2台配置した平台では、切身や丸物、塩干、冷凍魚などを販売。壁面と平台で巧く商品が配置された、機能的な売場だ。

 商品を見ていくと、壁面のマグロコーナーでは「養殖生本まぐろ(ブーメラン)」(100g500円)、「本まぐろ赤身刺身用(マルタ島)」(100g350円)などを販売。このあたりの商品は定番となりつつあるようだ。

 ロピアの鮮魚売場では刺身の扱いがなく(一部店舗では取り扱いあり)、寿司が同部門の看板商品となっている。大ぶりなネタが特徴で、初見のお客は大きなインパクトを受けるだろう。品揃えも9貫パックから56貫の大容量パックまで幅広く、個食からパーティー需要までさまざまなシーンに対応できるラインアップとなっている。海鮮丼は、「いかソーメンいくら丼」(690円)、「ねぎとろ丼」「鉄火丼」(各590円)など品揃えを絞り込んでいるようだ。

 平台では、「スルメイカ」(3杯480円)、「真鯛」(1尾1390円)、「金目鯛」(1尾780円)など各種丸物を販売。「アトランティックサーモン」(3枚690円)、「ぶり」(4切580円)など切り身は売れ筋中心の品揃えとしている。

日配と冷凍食品は堅実なラインアップを提供

 続いて日配売場を見ていく。和日配は店舗奥側の壁面36尺のスペースに豆腐や麺類、店舗右側壁面83尺に練物、納豆、漬物、水物などを配置する。売れ筋をベースとしたオーソドックスな商品構成となっている。続く右側壁面23尺で洋日配売場を展開しており、乳飲料、チルド飲料などを配置している。

 冷凍食品は平台売場120尺と、上段リーチイン、下段オープンケース売場50尺で展開する。オープン時は全品6割引きのセールを行っていたが、8月は5~5.7割と単品ごとに割引き率を変えているようだ。

 平台売場では、麺類、米飯類、揚げ物などを販売している。麺類で19SKU、米飯類で26SKU、唐揚げやトンカツといった揚げ物関連商品で16SKUを揃える。唐揚げと餃子にとくに力をいれているようだ。そのほか、「モリタン・道産コロッケ」(70個入599円)など業務用商品も20SKU揃える。

 リーチイン&オープンケースの売場では、傘下の輸入商社であるユーラスが仕入れる、イタリア産の「冷凍ティラミス」(500g499円)をはじめ、オリジナル商品を豊富に揃える。12尺の冷凍野菜コーナーでもユーラス社開発の枝豆など独自性のある商品を差し込んでいる。日配と同様に冷凍食品も売れ筋商品をベースとした堅実な商品構成となっており、競合を意識した価格対応も行われているようだ。

 調査日はアイスクリームの「半額セール」(一部商品は除く)を実施しており、「個食タイプ」は70円~90円、「マルチタイプ」は165~175円、氷菓は35円前後の商品を豊富に揃えていた。売れ筋の「ハーゲンダッツミニカップ」は199円で提供するなど、夏シーズンを迎えたこともあり、攻勢をかけているようだ。

 日配と冷凍食品の商品構成は、ほかの食品スーパーと大きく変わらないが、各カテゴリ―に目玉商品を配置し、地域一番の低価格を維持しているようだ。

1 2 3

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media