スノーピーク、長野・白馬村に体験型複合施設、店舗やレストラン、野遊びなど

2020/03/23 11:15
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

長野・白馬村に完成するスノーピークの体験型複合施設 完成イメージ
スノーピーク製品や電動アシスト自転車のレンタルがセットになった野遊び体験サービスも提供する

 キャンプ用品大手のスノーピークは4月18日、長野県白馬村に体験型複合施設「スノーピークランドステーション白馬」をオープンする。店舗エリア、野遊びエリア、イベントエリアを融合した、同社としては最大級の施設となる。

 敷地面積は約9200平方メートル、建築面積は約1400平方メートルで、スノーピークの店舗や直営レストランのほか、「スターバックスコーヒー」や白馬村の観光案内所が入る。

 スノーピークの店舗では物販のほか、スノーピーク製品や電動アシスト自転車のレンタルと特製ランチなどがセットになった野遊び体験サービス「スノーピークゴー」も展開する。電動アシスト自転車に乗って白馬村内を周遊したり、リフトやゴンドラに乗って山岳エリアでのピクニックや日帰りキャンプをしたりできる。移動型宿泊施設「住箱」への宿泊がセットになった1泊2日のプランも用意する。

 ミシュランの三つ星を獲得した日本料理店「神楽坂 石かわ」が監修した「レストラン雪峰」では、信州サーモンを使ったランチや信州牛を使ったディナーなどを提供する。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media