野外空間使って焚き火も体験!開業7年で全国に浸透した「唯一」のアウトドア用品専門SCとは

崔順踊(リテールライター)
Pocket

東京都昭島市に2015年、全国初の“アウトドア用品専門”のショッピングセンター(SC)、MORIPARK Outdoor Village(モリパークアウトドアヴィレッジ)が開業した。週末になると幅広い世代が来訪し、駐車場には関東以外の車も見かけるにぎわいぶりを見せている。この夏公開されたアニメ作品「映画『ゆるキャン△』」の作中にも描かれ、ファンが“聖地巡礼”する現象も起きた。コロナ禍を契機とするアウトドア用品業界の活況が伝えられている中、にぎわいの要因はブームによるものなのか、ほかにも理由があるのか。運営会社である昭和飛行機都市開発(昭島市)に話を聞いた。

駅から5分 クライミングウォールと池があるショッピングセンター

 木陰の小路を進むと、突如開けた視界に、巨大な「クライミングウォール」と、カヤックが旋回できるほどの「小さな池」が飛び込んでくる。敷地に一歩足を踏み入れた瞬間からアウトドア気分が味わえる空間のデザインがモリパークアウトドアヴィレッジの特徴だ。説明されなければ、かつてここが戦前から続く飛行機工場の跡地であったことに気づくことはないだろう。

 高原のリゾート地やキャンプ場のようなしつらえだが、れっきとした「ショッピングセンター」だ。売り場を広く確保し、多く売ることよりも、来訪者に開放的な気分でアウトドア用品を紹介し、アウトドアスポーツに親しみを抱かせるかに力点が置かれた空間づくりがなされている。

 モリパークアウトドアヴィレッジは2万1,000の敷地のうち、店舗用地は6割程度に過ぎず、売り場の延べ床面積は約8,700ほど。そこにキャンプや登山などアウトドアスポーツの分野で世界有数のブランドやヨガスタジオなどのテナントが15あまり入居する。ほかに、キャンプが体験できる芝生広場、オリンピックなど国際大会の仕様に適合した3種の競技用クライミングウォールを設置し、国際大会を開いたり、日本の有力選手のトレーニング場所として提供してきた。

 

敷地にはカヤックに乗れる池やクライミングウォールを設置している
敷地にはカヤックに乗れる池やクライミングウォールを設置しており、体験しないうちから思わず自分のアウトドアライフをイメージしてしまう

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media