スノーピーク、京都・嵐山に複合型施設をオープン、20年春

2019/12/06 10:40
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

スノーピーク、京都・嵐山に複合型施設をオープン、20年春
古民家を改装して、店舗やカフェ、宿泊施設を展開する

 キャンプ用品大手のスノーピーク(新潟県三条市)は2020年春、京都市に複合施設「スノーピーク京都嵐山(仮称)」を開業する。広い庭園を持つ古民家を改装し、店舗やカフェ、宿泊施設を展開する。

 同施設が出店する嵐山エリアは、歴史ある神社仏閣と自然の美しさが人気で、国内外から多くの観光客が訪れる。約1166平方メートルの敷地面積を生かし、庭園ではキャンピングオフィスや各種イベントを開催、体験型の施設を目指す。

 同社は11月13日、東京都町田市の大型商業施設「グランベリーパーク」に物販とレストランの併設店舗をオープンしたほか、20年4月には長野県の白馬山麓に店舗とレストラン、キャンプエリアなどで構成される大型施設「スノーピークランドステーション白馬」(敷地面積約9200平方メートル)の開業を予定するなど、複合型施設の開発に注力している。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media