スタバ、「高輪ゲートウェイ駅」に新コンセプト店、ビジネス利用に対応

2020/03/23 10:48
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

高輪ゲートウェイ駅のスタバ イメージ
ビジネス利用に特化したスペース「スマートラウンジ」を設けた

 スターバックスコーヒージャパンは3月23日、JR山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」にビジネス利用に対応した新コンセプト店をオープンした。半個室席や一人掛けの席を充実させたほか、JR東日本が展開するブース型の個室シェアオフィスをスターバックス店内に初めて設置する。

 新コンセプト店「スターバックスコーヒー 高輪ゲートウェイ駅店」の面積は約185平方メートルで、座席数は43席。店内にはビジネス利用に対応したスペース「スマートラウンジ」を設置し、移動中や商談の前後などに一人で集中して作業したい人のために、6つの半個室席とスペースを区切ったカウンターテーブルを設けた。スマートラウンジの全席には電源を配置。Wi-Fiを完備するほか、スマートフォン用モバイルバッテリーの貸し出しサービスを行う。

 同店は日本初のキャッシュレス特化型店舗となる。現金での支払いは受け付けず、プリペイドカード「スターバックスカード」や交通系電子マネーなどで支払う。事前に注文と決済を行い、来店するとすぐに商品を受け取ることができる「モバイルオーダー&ペイ」の専用カウンターも初めて設置した。

 また、JR東日本のブース型シェアオフィス「ステーションブース」は、店内に2台設置する。JR東日本では2020年度末までに30カ所のステーションブースを駅構内で展開する計画だ。

高輪ゲートウェイ駅のスタバ 半個室席のイメージ
半個室席のイメージ

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media