広島市に世界最大規模の「無印良品」、商業施設「アルパーク」西棟改装で

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

広島の商業施設「ALPARK(アルパーク)」の西棟にオープンする世界最大規模の無印良品
アルパーク西棟の店舗面積は2万8563㎡で、4月下旬のリニューアルオープンを予定する

 大和ハウス工業は1月24日、広島市の商業施設「ALPARK(アルパーク)」西棟の大規模改装に伴って、店舗面積約6100㎡と世界最大の規模を持つ「無印良品」が出店すると発表した。西棟の改装オープンは4月下旬を予定する。

 アルパークは1990年に開業した大型商業施設で、東・西・北の3棟のうち西棟と東棟を大和ハウスが2019年5月に取得した。西棟の核店舗だった天満屋が20年1月に撤退し、大和ハウスは同年4月から大規模改装に着手。21年12月には東棟をリニューアルオープンした。

 西棟の1階と2階に出店する無印良品は、衣料品や雑貨、食品、化粧品、家具など約7500種類の商品を取り扱う。西棟には同店のほか、食品スーパーの「フレスタ」、アウトドア用品の「アルペンアウトドアーズ」、動物たちとふれあうことができるカフェ「モフアニマルカフェ」、ベビー・子ども服の「西松屋」などが新たに出店する。

 アルパークの店舗面積は、西棟が2万8563㎡、東棟が3万833㎡で、テナント数は西棟が約20店舗、東棟が約120店舗となっている。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media