植物性ミルク市場、物価上昇の影響を受け停滞気味、レシピ提案など飲用機会の創出がカギに

文:ライター:石山真紀
Pocket

プラントベースフードへの関心は年々高まっているが、なかでも植物性ミルクは毎日の生活に取り入れやすく手に取る人も多い。すでに普及している豆乳に加えアーモンドミルクやオーツミルクなどほかの原材料の植物性ミルクも店頭に並ぶようになり、選択肢が広がっている。

好調のアーモンドミルクも物価上昇の影響で成長鈍化

 豊富な栄養価や低糖質・低カロリーなどで近年、注目されている植物性ミルク。このカテゴリー内で売上シェアの8割以上を占めているのが豆乳だ。

 インテージSRI+によると、豆乳カテゴリーの2022年9月から23年8月の期間通算の市場規模は対前年同期比4.5%減の429億円となった。

植物性ミルクのイメージ
毎日の生活に取り入れやすく手に取る人も多い植物性ミルク(i-stock/Geo-grafika)

 月別の動きを見ると22年9月は、前年にTVの情報番組で植物性ミルクが取り上げられた裏年にあたることもあり、前年同期比で10%以上のマイナス。その後も23年6月までは前年を下回っている【図表1】

 昨年は2ケタ成長を示していたアーモンドミルクについても、豆乳と同様の傾向がみられる。アーモンドミルクカテゴリーの22年9月から23年8月の期間通算の市場規模は前年同期比7.1%減の90億円となった。月別の推移を見ると、前年はほとんどの月で2ケタ増が続いていただけに22年下期の状況は厳しく、なかでも22年9月は同32.3%減と大きく落ち込んだ。しかし、その後は徐々に回復し、23年5月以降はプラスに転じている【図表2】

 植物性ミルクはコロナ禍以降、健康意識の高まりもあり、幅広い層の消費者が手に取るようになった。とはいえ植物性ミルクは牛乳と比べまだまだ嗜好品としてのイメージが強く、物価上昇の影響もあり今期の結果になったと推測される。

1 2

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態