クスリのアオキ安房岩井店で見せた、「単独で自力集客できる」店への進化とは

調査・文:矢野清嗣
Pocket

クスリのアオキホールディングス(石川県/青木宏憲社長:以下、クスリのアオキ)が千葉県内での出店を増やしている。なかでも注目したいのが房総半島西側、いわゆる「内房」エリアのルーラル商圏での店舗展開である。同エリアの最新店「安房岩井店」(千葉県南房総市)の売場から、クスリのアオキの戦術を考察する。(調査日:3月19日) ※文中・表中の価格は本体価格

400坪フォーマットがまたもや内房に出店

クスリのアオキ安房岩井店
クスリのアオキ安房岩井店
●所在地: 千葉県南房総市久枝304
●開店日: 2023年3月15日
●店舗面積: 1322㎡
●営業時間: 9:00~22:00
●駐車台数: 約50台

 クスリのアオキは3月15日、千葉県南房総市に「安房岩井店」をオープンした。1月には隣接する館山市に「大神宮店」を開業したばかりで、同店から20㎞ほど北に位置する。同じ内房エリアで見ると、クスリのアオキはすでに市原市、袖ケ浦市にも進出しており、内房を北から南へ線でつなぐかのように出店し始めているようだ。

 さて、今回調査した安房岩井店が位置するのは、JR内房線「岩井」駅から北へ約500m離れた国道127号線沿いである。夏は海水浴客でにぎわう「岩井海岸」に近く、周辺は住宅のほか民宿が約50軒営業している。海と逆方向にはすぐ山がせり出しており、商圏は狭い。

 周囲の小売店としては、地場スーパー(SM)の「おどや」のほか、「コメリ」「セブン-イレブン」「キャンドゥ」、そして同業では「セイムス」があり、これらは岩井駅から南西400mほどの場所に集積している。対して安房岩井店はそこから北へ900mほど離れた位置にあり、周りには「ローソン」がある程度だ。

 安房岩井店の店舗面積は1322㎡で、クスリのアオキが新たな標準フォーマットとする400坪型の店舗である。売場配置は大神宮店とほぼ同じ(レイアウト図参照)。おそらくこれが、ルーラル商圏におけるフォーマットとして確立したものだろう。

クスリのアオキ安房岩井店の店内レイアウト

 売場中央部のゴンドラは8レーン・3尺35本で構成され、通路幅も広く陳列も整然としていて買物しやすい雰囲気が漂う。どこかコスモス薬品(福岡県/横山英昭社長)の売場を彷彿とさせるものがあるが、とくに食品の販売効率を考えたとき、このスタイルが最適なのだろう。

 生鮮は青果と精肉、塩干の扱い。精肉はクスリのアオキではおなじみのコンセ「大三ミート」の商品で、大神宮店同様に茨城県土浦市の「まりやま店」からの納品で対応する。また、400坪タイプの場合、鮮魚は塩干に絞り込むというのも定石であるようだ。

クスリのアオキ安房岩井店で販売されている「トップバリュ」の緑豆もやし
「トップバリュ」の扱いも以前より広がっている

 加えて、安房岩井店で目を引いたのが

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態