精肉に強い食品スーパーはどこ?消費者調査でわかる主要8スーパーの実力と支持される理由

解説:mitoriz DMB本部 辻本崇、mitoriz DMB本部:金田葵
Pocket

精肉MD大

食品スーパー(SM)や総合スーパー(GMS)、ディスカウントスーパー(DS)の精肉部門は生鮮3品の中でも、安定した利益を確保できる部門だ。しかし、現在は原価高騰やコストプッシュ型インフレの進行により、難しい局面を迎えている。本稿では首都圏エリアで事業を展開する小売業の精肉売場の中で、支持を獲得している企業がどこなのか、お客はなぜその精肉売場で買物をするのか、アンケート調査で紐解いていく。
調査期間:2022年12月26日~2023年1月17日、POB会員「レシート de Ponta」サイトによるインターネットリサーチ

価格が1位品質、品揃えと続く

 mitoriz(ミトリズ:東京都/木名瀬博社長)は、全国100万人以上のアクティブユーザーのレシート画像とアンケート回答を収集する購買証明付き購買理由データベース「マルチプルID-POS購買理由データPoint of Buy(ポイント・オブ・バイ:POB)」を保有し、消費者の購買理由やその背景などを分析している。

 今回は、「首都圏SM・GMSでの精肉商品の購入実態」について、レシート投稿サービス「レシート de Ponta」の会員にネットアンケート調査を実施した。回答者は20~60代の1都3県に居住する2200人。家族構成は単身者から5人以上の世帯まで、世帯年収300万円未満から1000万円以上の家庭まで、幅広い層に対しアンケートを行った。

 まず、精肉を購入時に最もよく好んで利用するSM・GMSはどこかを聞くと(図表❶)オーケー(神奈川県/二宮涼太郎社長)やロピア(神奈川県/髙木勇輔代表取締役)、イオンリテール(千葉県/井出武美社長)といった小売業が並んだ。

図表❶【精肉を購入時】に最もよく好んで利用するスーパー(メーン利用するスーパー)

 「精肉を選ぶ際に最も重視している点」を聞くと(図表❷)、総合的に優先するのは、「精肉の価格(安さ)」が39.7%で1位、2位は「精肉の品質がよい」、3位は「精肉の品揃えがよい」、4位は「精肉の大容量パックが豊富」という項目が並ぶ。

図表❷【精肉】を選ぶ際に、最も重視している点

オーケー、ロピアが人気価格、大容量商品が好評

 次に、精肉を購入するうえでなぜそのSM・GMSを利用するのかについて、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態