パン市場、朝食に欠かせないパンは値上げの影響少なく堅調に推移

ライター:山田陽美
Pocket

食品の値上げラッシュが続いているが、朝食に欠かせない食パンは大きな影響はなく堅調に推移しており、調理パンや菓子パンも前年を上回って推移している。各社ではユーザーニーズをとらえた新商品を投入して需要拡大を図っている。

食パンのニーズの多様化により
ハーフやミニサイズが好調

 KSP-POSの食パン・食卓パンの期間通算(2022年1月~12月)の金額PIは、2万2037円で対前年同期比5.2%増、数量PIでは153.79で同3.2%減となった。原料や燃料費の高騰、円安などの影響により、食品や日用品の値上げが相次いでおり、22年7月に各社一斉に値上げが行われた。そのため平均単価は前年よりも12円程度アップしていることから、数量では前年割れも金額PIで前年を上回った。毎日の食卓に定着していることに加え、他の商品よりも割安感があるため、値上げの影響は小さいといえそうだ。

パン イメージ
食品の値上げラッシュが続いているが、朝食に欠かせない食パンは大きな影響はなく堅調に推移しており、調理パンや菓子パンも前年を上回って推移している。(i-stock/key05)

 食パンでトレンドとなっているのが、ハーフサイズ食パンやミニサイズのバラエティーブレッド。世帯人数の減少から1斤では多すぎるという人や「少量をいろいろ試したい」というニーズが高まっている。1斤の食パンが中心の売場でも主力のブランドのハーフサイズのラインアップが広がっている。

 山崎製パンではハーフサイズ食パンのラインアップを広げるほか、ミニサイズのバラエティーブレッドの新商品を投入。今年1月には国産原料を100%使用し、トーストするとサックリと軽い食感が楽しめる「国産小麦ライトブレッド」を発売した。

 敷島製パンでは、今年2月にミニブレッドの新たなシリーズとして「罪なバターブレッド4枚入」「癖になるにんにくチーズブレッド4枚入」の2アイテムを関東、中部、関西、中国、四国地区で発売。遊び心やトレンド感を取り入れたミニブレッドで、今回のテーマは「背徳感」。ミニブレッドだからこそ楽しめる味わいに仕上げた。

 また、健康意識の高まりで伸長しているのがライ麦や全粒粉、もち麦入りの雑穀系のパン。食物繊維などが豊富で、独特の食感が人気だ。山崎製パンでは「ダブルソフト全粒粉入り」や「十二穀ブレッド」「減塩食パン超芳醇」「糖質ひかえめブレッド」などをラインアップしている。

1 2

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media