チリワイン市場、「安旨ワイン」と「高品質ワイン」の二極化へ

ライター:山田陽美
Pocket

コロナ特需の反動によりワイン市場が停滞しており、同様にチリワインも厳しい状況となっている。チリワインは「安くて旨い」デイリーワインとして安定した人気があるが、品質を求める層が増え、消費の二極化が進んでいる。今後は中価格帯ワインの品揃えが売上アップのカギになりそうだ。

4割のシェアをキープ、チリワインが依然トップ

 量販市場の輸入スティルワイン(非発泡性ワイン)の製造国別販売金額シェア【図表①】において、2022年7月~23年6月のチリは40.67%で前年を0.59%上回った。依然として高いシェアをキープしている。2位のフランスは21.85%で前年の1.81%減、3位のスペインは12.24%で前年の0.63%増、4位のイタリアは9.97%で前年の0.12%増となった。

チリワインのイメージ
チリワインは「安くて旨い」デイリーワインとして安定した人気があるが、品質を求める層が増え、消費の二極化が進んでいる(i-stock/Brycia James)

 19年に欧州EPAが発効され、欧州産ワインが値下げされたことで欧州産ワインは微増が続いている。今回もスペイン、イタリアは微増となったが、フランスだけは微減となった。1位のチリは、欧州産ワインに押され、微減が続いていたが、コスパの高さや品種の多さなどから根強い人気で、輸入スティルワインでの存在感は大きいといえそうだ。

輸入スティルワイン製造国別販売金額シェア

 チリワインは「安旨」(安くて旨い)のデイリーワインとして日本でも定着し、500円前後のものが中心となっているが、同価格帯は厳しい状況だ。そのなかで好調なのが、「フロンテラ」ブランド。リーズナブルな価格でありながら、単一品種でつくられているアイテムが多く、品種による味わいが楽しめるのが魅力だ。「フロンテラ スタンダード」では、果実味が豊かであることや品種が多いことなど、ブランド価値をわかりやすく伝えることで、トライアルを獲得している。また、ブドウの収穫や製造方法にこだわったワンランク上のプレミアムシリーズも好調だ。

1 2

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態