大きく伸長する注目カテゴリー「植物性ミルク市場」、健康訴求で新規ユーザー増加中!

ライター:石山真紀
Pocket

これまで豆乳を中心に市場を広げてきた植物性ミルクだが、近年はアーモンドミルクやオーツミルクなど、様々な原料によるミルクが発売され売場が活性化。栄養面での特徴がTV等で紹介されることも増え、新規ユーザーが流入してきている。

目次

 

植物性ミルクのイメージ
これまで豆乳を中心に市場を広げてきた植物性ミルクだが、近年はアーモンドミルクやオーツミルクなど、様々な原料によるミルクが発売され売場が活性化している。 i-stock/Geo-grafika

TVでの紹介を起爆剤に大伸長するアーモンドミルク

 インテージSRI+によると、豆乳カテゴリーの2020年9月から21年8月の期間通算の市場規模は前年比7.0%減の450億円となった【図表①】。

 20年の新型コロナウイルスの感染拡大を受け、生活者の健康意識がいっそう高まり、ロイヤルユーザーの多い豆乳も一気に伸長。牛乳と比較し常温で保存できることから外出自粛に伴ってまとめ買いしたユーザーも多く、その反動減として今期はどの月も前年割れの状態が続いている。

 一方で右肩上がりに成長を続けるのが、ビタミンEや食物繊維、オレイン酸などの栄養面で注目度の高いアーモンドミルクだ。

 【図表②】のアーモンドミルクカテゴリーの20年9月から21年8月の期間通算の市場規模は前年比24.6%増の76億円と、20%以上の大幅伸長となった。月別で見るとどの月も2ケタ増が続いており、なかでも21年6月は前年同期比43.5%増と驚異的な伸びを示している。

 欧米諸国ではアーモンドミルクが牛乳、豆乳に続く第3のミルクとして、すでに定着しており、日本国内でもスターバックスやエクセルシオールカフェ、コメダ珈琲店といったカフェチェーンでアーモンドミルクが導入され、認知度も徐々に高まってきている。

 これまでは健康や美容感度の高い女性向けのイメージが強かったアーモンドミルクだが、TVや雑誌など多くのメディアで取り上げられたことで客層も拡大。とくに21年9月のテレビ朝日「林修の今でしょ!講座」の反響は大きく、低カロリー・低糖質、抗酸化作用といった健康効果を期待し、幅広い年代の消費者がアーモンドミルクを手に取っている。

各社の動向は?

 

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media