サミット、武蔵野美術大と共同でエコバッグ開発、全店で販売開始

2020/01/27 10:21
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

サミット、武蔵野美術大と共同でエコバッグ開発、全店で販売開始
バッグの底面は1辺30センチの正方形で、簡単に折りたたむことができ、肩にも掛けられる

 食品スーパーのサミット(東京都杉並区)は、武蔵野美術大学(東京都小平市)と共同でオリジナルデザインのエコバッグを開発した。折りたたみが可能なコンパクトなエコバッグで、1月22日から全116店舗で販売を始めた。

 同社では武蔵野美術大と2018年4月にデザインプロジェクトを立ち上げ、学生15人が1年間の授業を通じてデザインした。バッグの底面は1辺30センチの正方形で、間口が広く商品の出し入れがしやすい。薄くたたんで、かばんなどに入れて持ち運ぶことができる。

 商品名は「パタットキューブ」で、価格は598円(税別)。グリーン、ブルー、オレンジの3色がある。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media