米アルバートソンズ、サブスク型のデリバリーサービス開始、年額99ドル

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

米アルバートソンズの会員向け新アプリ
会員向けの新アプリ「ディールズ&デリバリー」もリリースした

 米スーパーマーケット大手のアルバートソンズは、会員プログラムや会員向けアプリを刷新し、サブスクリプション(定額課金)型のデリバリーサービスも始める。年額99ドルまたは月額12.99ドルを負担すると、配達料無料の食品・日用品の宅配サービスを何度でも利用できる。

 新しい会員プログラムの名称は「アルバートソンズ・フォー・ユー(Albertsons for U)」。旧プログラム「フォー・ユー」の会員は、新プログラムに自動的に移行する。会費は無料。

 新会員プログラムのオプションとして導入したのが、サブスク型デリバリーサービスの「フレッシュパス(FreshPass)」で、30ドル以上購入すると配達料が無料となる。一部地域では2時間以内の配達や店舗駐車場での商品受け取りも無料で利用できる。さらに、有機・自然商品のプライベートブランド「オーオーガニック」「オープンネイチャー」が5%引きとなる特典も付与される。アルバートソンズ・フォー・ユーの会員は、最初の30日間はオプション料金の負担なしで、フレッシュパスを試用することが可能だ。

 アルバートソンズ・フォー・ユーとフレッシュパスの会員向けアプリとして新たにリリースした「ディールズ&デリバリー」には、ポイント管理のほか電子クーポンの受け取り、買い物リストの作成、キャッシュレス決済などの機能を搭載した。

 アルバートソンズは、「アルバートソンズ」「セーフウェイ」「ボンズ」「ジュエル-オスコ」などの店名で、約2200店舗を展開している。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media