増税後の食費とキャッシュレス決済の利用状況を調査=ホットペッパーグルメ外食総研

2020/01/31 11:44
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」(株式会社リクルートライフスタイル 東京都)が、首都圏・東海圏・関西圏の男女約1万人を対象に、消費税増税後の消費や、キャッシュレス決済の利用状況についてのアンケートを実施した。

増税によって消費行動に変化が

 調査の結果、消費税増税以降に食費の出費が減った人が全体で30.7%いることが分かった。そのうち、食費全体の出費が減ったのは20代男女で、若い世代が出費を抑える傾向にあった(下図)。

消費税増税以降の食費全体、外食、中食、内食の節約意向と実際の出費の状況
※「消費税増税以降の節約への意識」と「消費税増税以降の実際の出費」の2つの質問結果を集計。「食費の出費が減った・計」と「食費の出費は減っていない・計」は「消費税増税以降の実際の出費」の回答を単純集計/引用:ホットペッパーグルメ外食総研リリースより

 また、増税以降の飲食シーンで増えた費用があると回答した人のなかでは「家で調理(自炊)したものを食べる」が26.0%と最も多く、次いで「小売店で購入したものを持ち帰って食べる(中食)」が11.1%となった(下図)。特に20代女性は、他の性年代よりも税率8%の飲食割合が多い結果となった。

※「消費税増税以降の飲食費用の変化」の各質問で「減った」と回答した人を集計 /引用:ホットペッパーグルメ外食総研リリースより

 一方、小売店でのイートイン(買ったものを店内で食べる)する費用が減ったと回答した人が27.9%となり、増税の影響を最も受けた飲食シーンとなっている。

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media