トップアナリストが見通す、2022年度小売展望!低生産性の企業は淘汰へ

解説:クレディ・スイス証券 小売セクター 株式調査共同統括部長・マネージングディレクター:風早隆弘
Pocket

巣ごもり特需に沸いた2020年度から一転し、反動減の影響もあって企業間格差がみられた小売の21年度決算。22年に入ってからは、エネルギー価格や原材料価格、物流費の高騰が顕著となり、事業環境の不透明感が強くなっている。22年度以降、小売業にはどのようなリスクが待ち受けるのか。それらに対する打ち手はあるのか。小売業界のトップアナリスト、クレディ・スイス証券の風早隆弘氏が解説する。

SMの2021年度決算は企業間格差の兆しか

 食品スーパー(SM)の2021年度業績は明確な企業間格差の兆しがみられ、22年度以降を見通すうえでも示唆に富んでいる。巣ごもり特需の恩恵を受けて増収増益となった20年度業績を下回った企業が少なくない一方、ヤオコー(埼玉県)、ライフコーポレーション(大阪府:以下、ライフ)、ベルク(埼玉県)では増収を確保した。

 SMはこの10年、ドラッグストア(DgS)との業態間競争を余儀なくされ、「SMとして自分たちはどうあるべきか」が大いに問われた。逆説的にいえば、DgSが売場面積300坪規模の「フード&ドラッグ」の出店を加速させ、グロサリーを中心とした食品の低価格訴求によってSMの市場シェアを侵食していく一方で、総菜強化などによりDgSとは明確に異なる来店動機を消費者に提示したSMは自社のポジショニングがとりやすくなっている。

ライフのPB商品「ビオラル」売場
DgSとの競争に直面する中、優良SMと呼ばれる企業は、DgSと競合しないための立ち位置を追求し続けている。たとえばライフは、付加価値型PBの「ビオラル」を展開、消費者に同社独自の価値を提案しようとしている

 DgSとの同質化競争に陥らないための武器を持っているSMは、事業環境が厳しい局面に入っても、自らの強みにより磨きをかけやすい。地域の消費者に寄り添いながら、DgSと競合しない立ち位置をいかに追求できるかが重要だ。

 SMの企業間格差には複合的な要因があるが、経営陣が一貫した方針を掲げ、これを着実に実行できる組織や仕組みを整え、業態間競争への対応に備える「総合力」こそ、その重要な要素といえる。

 たとえばヤオコーは、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media