激変、格差!上場小売業決算2022まとめ 営業収益ランキングトップ10

小野 貴之 (ダイヤモンド・チェーンストアオンライン 副編集長)
Pocket

決算ランキング大

前年度に引き続き、コロナ禍の影響を大きく受けることになった上場小売業の2021年度決算。業態間格差が鮮明となった前年度とは異なり、21年度は企業間の格差が浮き彫りになった。本稿では、2021年7月1日号特集「決算2021ランキング」からデータの一部を抜粋し、営業収益上位企業の動向を見ていきたい(営業収益は売上高+営業収入 売上高は主に商品の売買に伴うもので、営業収入は卸売上や不動産収入の合計。売上として全額計上する企業もあれば、営業収入を多く計上する企業もあるため、基準を同じにするために営業収益を使っている)。

営業収益ランキング、上位10社の顔ぶれは!?

 「ダイヤモンド・チェーンストア」誌では、毎年7月1日号の「決算ランキング」特集で、上場小売業(外食を除く)の営業収益ランキングを掲載している。

 今年度のランキングでの最大の変化は、セブン&アイ・ホールディングス(東京都:以下、セブン&アイ)が、イオン(千葉県)を抜いて営業収益ランキングのトップに躍り出たことだ。21年5月に買収した、米ガソリンスタンド併設型CVSの「スピードウェイ(Speedway)」の業績が加算された影響で大幅増収を果たし、長年不動の1位だったイオンと首位交代となった。

  社名 営業収益 増減 営業利益 増減 決算期 業態
1 セブン&アイ・HD 8,749,752 51.7 387,653 5.8 22/2
2 イオン 8,715,957 1.3 174,312 15.8 22/2
3 ファミリーマート 2,841,976 2.8 65,307 ▲ 8.3 22/2 CVS
4 ローソン 2,442,732 4.0 47,096 15.2 22/2 CVS
5 ファーストリテイリング 2,132,992 6.2 249,011 66.7 21/8 AP
6 PPIH 1,708,635 1.6 81,306 7.8 21/6 SP
7 ヤマダHD 1,619,379 ▲ 7.6 65,703 ▲ 28.6 22/3 CE
8 ツルハHD 919,303 9.3 48,377 7.5 21/5 DgS
9 ビックカメラ 834,060 ▲ 1.6 18,217 51.0 21/8 CE
10 ニトリHD 811,581 13.2 138,270 0.4 22/2 SP

図表  場小売業営業収益ランキングトップ10
単位:百万円、% 
※CVSの営業収益は連結のチェーン全店売上高を使用(ファミリーマートのみ単体)
※ファミリーマート、ファーストリテイリングはIFRS
HD=ホールディングス
PPIH=パン・パシフィック・インターナショナル・ホールディングス

 3~5位はファミリーマート(東京都)、ローソン(東京都)、ファーストリテイリング(山口県)と顔ぶれに変化はなかったが、昨年7位のパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(東京都)が家電量販店最大手のヤマダホールディングス(群馬県)を抜いて6位に浮上した。また、昨年9位のツルハホールディングス(北海道)が、家電大手のビックカメラ(東京都)を抜いて8位に順位を上げている。

 また、10位にはホームファニシング最大手のニトリホールディングス(北海道)が新たにランクイン。21年1月に連結子会社化したHC企業の島忠(埼玉県)の業績が加算されたことにより、大幅増収を果たし、昨年16位から急浮上した。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media