ついに最終章!ユニクロのプレミアムブランド「+J」とは結局何だったのか?

河合 拓
Pocket

11月12日、私のカレンダーには太文字でマークがされていた。ユニクロを展開するファーストリテイリングが放つ、本格プレミアムブランド「 +J」の最終販売日だ。
書籍では、同社を仮想敵国と見なし「ユニクロに勝つための方法を考えよ」と発破を掛けていた私だが、告白すれば私は無類のユニクラーであり、その中でも+Jは私の知る限り世界で最もコスパが高いプレミアム・ブランドである。しかし、この+Jは謎が多く、今回の同社の販売手法を見ても、合理性と論理性の塊である組織とは思えぬ謎だらけだ。この+Jについて、分析してみた。なお本稿は、私の推測が多分に入っていることをご留意頂きたい。

 奪い合いとなった20年秋冬

そもそも+Jとは、いうまでもなくドイツのデザイナー、ジル・サンダーがデザインしたユニクロの服である。+J2011年にジルサンダーとユニクロのデザイン監修コンサルティング契約終了により一度は消えて無くなった。

元々、ミニマリズムの極致とも言えるジル・サンダーのデザインはベーシック衣料を中心軸におくユニクロと相性がよく、その名の通り +J (ジルサンダーのデザインエッセンスをプラスする)という意味で命名されたのだろう。

コロナ禍で衣料品不振が叫ばれるなか、+J2020年秋に突然復活、激しい争奪戦になるほどの人気ぶりだった。私はウェブで購入しようとしていたのだが、早朝に同社ウエブページを開けた瞬間サーバがダウンしていたほどの盛況ぶりだった。当時、コロナ禍とそれに伴う巣ごもり消費によってジルサンダーのお家芸ともいえる布帛の若干の在庫が残るのみとなり、ニットやカットソーの類いは完売となっていた対比を思い出す。「ドレス系の服を売るのは難しい時代なのだ」と思う一幕だった。その勢いは凄まじく、あのユニクロをして1ヶ月以上も遅れて追加生産をさせたほどだった。

ハイテク技術と超有能人材の塊のような企業である。春夏物の争奪戦がこうなることは当然予想していたろう。論理的に考えれば「予想を上回る盛況ぶりで欠品だらけになった」のか「あえて欠品させ希少価値をあげ、ブランドプレミアム向上の実験をしていた」かいずれかで、私は後者だと考えた。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media