ファミマ、バッテリー交換式EVトラックで商品配送、実証事業に参加

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

ファミリーマート
EVトラックは三郷中央定温センター(埼玉県三郷市)からファミリーマートの各店舗に商品を運ぶ

 ファミリーマートは、バッテリー交換式の電気自動車(EV)を商品の配送に使う実証実験を行う。伊藤忠商事を代表企業として環境省に採択された実証事業に参加、2022年度後半から運用を始める予定だ。

 いすゞ自動車が開発するEVトラックを実証実験に使う。ファミリーマートの配送拠点「三郷中央定温センター」(埼玉県三郷市)にバッテリー交換ステーションを設置、予予備のバッテリーパックと交換することで、充電に伴う待ち時間をなくし、トラックの稼働率を高める。

 EVトラックは三郷中央定温センターからファミリーマートの各店舗に商品を運ぶ。実証実験は24年度末まで続ける予定だ。

 国内における全CO2排出量の約4割は運輸部門が占めており、物流網の脱炭素化は2050年までのカーボンニュートラル(CO2排出量実質ゼロ)という政府目標達成に向け必要不可欠となっている。

 EVに関しては、航続距離の短さや充電時間の長さ、充電インフラの脆弱さなどが課題となっているが、バッテリー交換式EVであればこうした課題を解決できる。バッテリー交換式トラックの開発が進むことにより、稼働時間が長い商用車でのEV化が加速することが期待される。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media