王者ZARA、セレクトショップ、百貨店アパレルの未来は?「生き残るアパレルと死ぬアパレル」最新分析!

河合 拓
Pocket

競争環境ではなくテックが劇的な業態変化起こす

丸井グループはプライベートブランド撤退」し「脱物販」進める
丸井グループはプライベートブランド撤退」し「脱物販」進める

世の中は私たちが想像できないほどのスピードで変化している。

アパレル業界の10年で言うなら、「ファッション雑誌」は「ライブコマース」(ライブ配信+Eコマースの造語)へ。「リアル店舗」は「Eコマース」へ。「大御所」によるトレンド予測は「ビッグデータ解析」によるデータ分析へ。商社など中間流通は「ものづくりの会社」から「投資会社」へなどである。これは、技術、また、技術によるオペレーション効率化による業態進化であり、競争環境の変化が引き起こしているわけではないということを理解してもらいたい。

 例えば、経営環境はその進化を吸収しないところまできている。モノで溢れる先進国において、アパレル産業の成長は止まった。そして、市場に隠されている「隠し在庫」、消費者同士の「二次流通」(CtoC)の流通点数は、繊研新聞社の初期的試算によれば、毎年新規に投入される新商品の投入点数(35億〜40億点数)以上、または、それ相当の点数の可能性もあるという。結果、企業のKPI(重要業績評価指標)は、売上・利益から、優良顧客数 x LTV(顧客の生涯価値)、そして、成長戦略はパイの食い合いによるM&A (企業買収)に変わってきた。

 自社競争力の優位性を信じ、あくまでも物販による闘いを挑む企業から、827日に日経新聞で報じられた、「丸井グループによるプライベートブランド撤退」のように「脱物販」を掲げる企業、または、白旗を揚げ、立ち往生する企業にわかれている。

 本稿では、①セレクトショップの未来、②3大プラットフォーマーのこれからの戦略、③リアル店舗時代の王者ZARAの次の一手、④百貨店、ショッピングセンター(SC)に出店するアパレルのこれから、という4つの気になるテーマを一気に解説することを通して、「10年後に勝ち残るアパレルの条件」を炙り出した。 

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media