良品計画、「無印良品」の春夏物衣料・生活雑貨を値下げ

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

「無印良品」春夏物衣類と生活雑貨を値下げ
一部商品はすでに値下げを実施済みで、客数の大幅な増加につながっている

 良品計画は4月8日、「無印良品」の春夏物の衣料品や生活雑貨を値下げすると発表した。衣料品のリネンシャツ、半袖Tシャツ、インナー、生活雑貨のシーツ、まくらカバー、化粧液などの価格を見直した。

 同社は「ずっと、見直し。ずっと、良い値。」をテーマに定期的な価格の見直しを行っており、今回は2021年春夏シーズンの第2弾として実施した。第1弾では1月中旬から、収納用品やハンガー、食器など日用品52品目の価格を引き下げた。

 今回値下げを実施したのは、「太番手天竺編みTシャツ(紳士・婦人)」(3月15日から税込1490円→990円)、「UPF50+日焼けを防ぐジップアップパーカー男女兼用」(3月1日から2990円→1990円)、「綿でさらっとインナーシリーズ(紳士・婦人)」(4月5日から990円→790円)、「導入化粧液(大容量)」(4月9日から2290円→1990円)、「手指用消毒ジェル(キャップ式)」(同690円→490円)など。

 無印良品では、値下げを実施した肌着やシャツ、キッチン用品、小物収納などのほか、引き続き食品が好調に推移しており、3月の国内の既存店売上高(直営店とオンラインストア)は前年同月比15.0%増と大きく伸びた。客単価は4.9%減となったものの、客数が20.9%と大幅に増えた。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media