かつや堅調・からやま好調で鮮明になったコロナに勝った外食チェーンの共通項 

油浅健一
Pocket

アークランドサービスホールディングス(HD)がさきごろ発表した2020年12月期決算(通期)は、売上高386億3400万円(対前期比15.9%増)、営業利益45億3800万円(同1.2%増)、経常利益48億6800万円(同7.3%増)と増収増益を達成、新型コロナの影響を意に介さず想定の数字をクリアし、2007年の上場来の好調をキープした。当期純利益は前期を大幅に上回る減損損失を計上したことから同7%減となる23億6600万円だった。とんかつチェーン『かつや』がけん引したが、第2の柱に位置付けるからあげ専門店の『からやま』も前年比で大きく伸長し、安定感が出始めている。

コロナ禍でも堅調だったかつや
コロナ禍でも堅調だったかつや

かつやがけん引した好業績

 新型コロナの影響も意に介さず好調をキープしたアークランドサービスHD。けん引したのはとんかつファーストフードチェーンの『かつや』とから揚げ専門店の「からやま」だ。かつやは1000円~1500円が標準だったとんかつの価格帯を一気に500円~700円帯に引き下げ、特注のオートフライヤーによる調理効率化でスタッフの質に左右されない上質な揚げを実現。創業当初に想定していた「とんかつ業態の野家」の地位を不動のものにしている。

 ちなみに、経済産業省の商業統計によるとファーストフード業態は、<客単価700円未満、料理提供時間3分未満、セルフ・サービス方式を導入しているもの>と定義されている。かつやのオートフライヤーによる調理時間は、当初3分を超えていたが、いまは改良が重ねられ、3分以内で極上の揚げを実現。名実ともにとんかつに特化したファーストフード業態に進化を遂げている。

 「安い・うまい・はやい」を備え、そのポジションを開拓したかつやにとって、不況は必ずしも脅威とならない。ファーストフードはむしろ不況時こそ真骨頂を発揮する。それでもコロナ禍では、苦戦を強いられるファーストフード業態もあった。新型コロナはそれほど想定不能の事態で、すさまじい猛威だった。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media