第49回 コロナ後のショッピングセンターがめざすべき「シビックプライド」とは

西山貴仁(株式会社SC&パートナーズ 代表取締役)
Pocket

2022年5月25日発行されたSC白書(日本SC協会)では2021年開業したSCは24カ所となり全国のSC数は3,169カ所になったと発表された。残念ながらこの総数は3年連続の減少である。減少要因はこの連載で幾度となく触れてきたいので、今号ではこれからのSCの処方箋について全3回でテーマにしてきた「SCと地域」を通して解説していきたい。

Kwangmoozaa/istock
Kwangmoozaa/istock

SC白書から見るSCの現状

図表1
図表1 SC開業数の推移

 2021年、オープンしたSC数が24か所(図表1)、その店舗面積合計は514,176㎡、総テナント数が1,443店舗、1SC当たりの店舗面積が21,424㎡、1SC当たりの平均テナント数は60店舗となり、結果、全国SCは、総数3,169か所(図表2)、総店舗面積54,302,789㎡、総テナント数163,992店舗、1SC当たりの平均店舗面積17,136㎡、1SC当たりの平均テナント数52店舗、総売上高は258,392億円(推計値)となり、ピークだった2018年の86.9%まで減少した。

図表2
図表2 全国のSC総数の推移

 コロナ禍前に減少に転じているSCだが、それでもテナント数は16万区画を超え、EC時代にあってもこの16万の区画を今後も埋め続けることになる。

続きを読むには…

この記事は DCSオンライン会員(無料)、DCSオンライン+会員限定です。
会員登録後読むことができます。


DCSオンライン会員、DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media