国分、ヨシムラ・フードHDと資本業務提携、中小食品メーカーとの関係強化

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

国分グループロゴ
食品卸大手の国分グループ本社は2月1日、ヨシムラ・フード・ホールディングス(HD)と資本業務提携すると発表した。

 食品卸大手の国分グループ本社は2月1日、ヨシムラ・フード・ホールディングス(HD)と資本業務提携すると発表した。中小食品メーカーを傘下に持つヨシムラ・フードHDとの提携を通じて、ローカル商品の調達力を強化する。

 ヨシムラ・フードHDが実施する第三者割当増資を引き受け、同社の株式の5%を取得する。国分はヨシムラ・フードHDが行っている中小メーカーの経営支援に協力する。商品開発のノウハウを提供するほか、販路開拓、原料・資材の供給、人材の派遣などを検討する。

 ヨシムラ・フードHDは後継者不足や経営難の中小食品メーカーを子会社化し、再生する事業を手がける。営業や商品開発、管理などの機能をグループ全体に提供している。東証1部に上場しており、2020年2月期の連結業績は、売上高が前期比26.0%増の298億円、営業利益が約2.3倍の8億円だった。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media