客単価4000円!?塚田農場のエー・ピーがフードデリバリー専門店「キッチンクラウド」でねらうターゲットと勝算

2020/10/27 05:59
「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 若狭靖代

外食大手のエー・ピーホールディングス(東京都/米山久社長:以下APHD)は10月21日、新事業「キッチンクラウド」を発表した。「塚田農場」「四十八漁場」など主力の外食事業がコロナ禍で大きく苦戦する中、活況のフードデリバリー市場に新たに参入することで経営の立て直しを図るねらいだ。その勝算は。

キッチンクラウド綱島店の外観
キッチンクラウド綱島店の外観写真。ガラス張りで調理の様子を外からも見ることができる。

ターゲットはファミリー層

 APHDは10月21日から、フードデリバリー専門店「キッチンクラウド」をスタートする。「キッチンクラウド綱島店」(神奈川県横浜市)などキッチンクラウド専業3店舗と、既存のAPHDの店舗内に併設の形をとる「キッチンクラウド調布店」(東京都調布市:「塚田農場 調布北口店」内)など、併設5店舗の計8店舗での開始となる。
 既存のフードデリバリーのように配送インフラだけを提供するサービスとは異なり、自社店舗で調理した料理を自社スタッフが配送することが特徴。メーンのターゲットを単身者ではなくファミリー層に据えることで、客単価の引き上げを狙う。「レッドオーシャン化しているフードデリバリー市場の中で、家族全員で食べる“家庭の食”に注目し、日常と高級の間のちょっとプレミアムな部分を提供するサービスをめざした」とブランド開発室の近内理恵氏は話す。

1 2 3 4 5

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media