21年2月期上期、純利益倍増!大躍進のライフコーポレーションが推し進める施策は「守り」「攻め」「変化」

2020/10/21 05:53
「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 若狭靖代

ライフコーポレーション(大阪府/岩崎高治社長:以下、ライフ)は10月9日、2021年2月期第2四半期決算説明会を行った。新型コロナウイルス(コロナ)による内食・巣ごもり需要で好調のスーパーマーケット。業界最大手の同社の収益はどこまで伸びたのか。また、コロナによって変わる消費者意識に適応するため、同社が打ち出した施策はどのようなものか。

ライフロゴ

純利益205.3%、コロナ需要を取り込んで大躍進

 ライフの2021年2月期第2四半期決算(連結)は、営業収益3867億3800万円(対前年同期比109.4%)、営業利益169億1400万円(同204.0%)、四半期純利益117億500万円(同205.3%)で、増収増益となった。コロナの流行によって感染対策費用や人件費などがかさんだものの、コスト増をはるかに上回る増収だった。また、既存店客数は同94.0%と割り込んだ一方で、既存店客単価は同115.4%と伸び、来店控え・まとめ買いなどコロナによる購買行動の変化が浮き彫りになった。
 部門別売上高では、外出自粛などから衣料品が同86.8%と不調だったが、食品・生活用品の増収(いずれも同110%前後)で十二分に埋め合わせる恰好となった。
 また、上期は兵庫県西宮市に2店舗(西宮北口店・夙川店)を出店した。下期は新業態の「BIO-RAL(ビオラル)」を含め東西で5店舗を新規出店、計7店舗とする予定だ。また、上期で得た利益をもとに、設備投資や既存店の改装に注力する。

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media