アークランドがLIXILビバ買収でどう変わる?最新ホームセンター売上高ランキング

2020/06/12 17:35
『ダイヤモンド・チェーンストア』編集長 阿部幸治

6月9日、ホームセンター業界9位のアークランドサカモト(新潟県)が同6位のLIXILビバを買収することを発表した。アークランドサカモトはLIXILビバにTOB(公開買い付け)をするなどし、完全子会社化する。これによって、寡占化のよりいっそう進むホームセンター業界の勢力はどのように変わるのだろうか?最新ランキングをベースに読み解いていきたい。

市場規模はわずか年平均0.18%の成長に止まる成熟市場

 ホームセンターの市場規模は『ダイヤモンド・ホームセンター』誌によれば対前年度0.3%増となる3兆8543億円(2018年度)。過去最高を記録したとはいえ、東日本大震災がありホームセンターの存在が大きく見直された2011年度の市場規模が3兆8048億円で、以来7年の間にわずか500億円弱しか広がっていない。年平均成長率(CAGR)は0.18%に過ぎず、極めて成熟した市場であることがわかる。

 その一方で、総店舗数だけが右肩上がりだ。11年度から8.4%も店数が増えている。成熟した市場で競争環境が激化すれば、自ずと既存店売上高はマイナス成長が常態化する。となると各社は、差別化と収益性確保が重要になり、独自商品の開発、仕入れ交渉力の強化を実現するために、規模を求めることが大事な戦略となる。

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media