コロナ禍なのに好調なアパレル「ミズイロインド」、異色のブランド戦略

2021/09/16 05:55
堀尾大悟
Pocket

コロナ禍の影響を大きく受けるアパレル業界の中で、「mizuiro ind(ミズイロインド)」などのレディースブランドを中心に展開するマザーズインダストリー(大阪府/笹野信明CEO)が好調だ。2020年11月にリニューアルしたアプリは会員数が3万人を突破した。サイズはほとんどがフリーのワンサイズ。カラーも2~4色に限定するなどユニークな商品展開を行っている。特に40代から50代女性の根強い支持を集める、そのブランド戦略とは。

年齢ターゲットを決めない「ノーエイジ」がコンセプト

秋冬コレクション
ミズイロインド2021年秋冬のイメージビジュアル

 旗艦ブランドの「mizuiro ind(ミズイロインド)」を筆頭に、「MidiUmi(ミディウミ)」「MIDIUMISOLID(ミディウミソリッド)」といったオリジナルブランドを展開するマザーズインダストリー。「MARcourt(マーコート)など自社で運営するショップは北海道から九州まで50店舗以上を構える。

 2020年9月には公式ECサイト「MARcourt ONLINE STORE」、11月にはアプリ「Mpasscase(エムパスケース)」を全面リニューアル。アイテム数を大幅に増やすことでアプリ会員数は3万人を突破した。長引くコロナ禍にあって、ECとアプリの好調が同社の経営を支えている。

 レディースブランドを中心に、ワンピースやシャツなどシンプルで新しいジャパニーズトラッドを感じさせるアイテムが並ぶ。価格帯もワンピースで1万円代と比較的手ごろだ。

 17年前のブランド創設当初から、“エイジレス”、“シーンレス”、“シーズンレス”、“ジェンダーレス”をテーマにものづくりを進めてきたこの考え方は今でこそ広がりつつあるが、いち早くその発想をブランドの核に置いてぶれずに歩んできた。その姿勢が少しずつ共感を呼び、ファンを増やしていったことが、非常時においても好調が続く一因かもしれない。

 動きやすいゆったりとしたシルエットは着る人を選ばず、40代、50代を中心に根強いファンが多い。中には一つのアイテムを何着も購入するコアなファンもいるという。

 「アプリ会員の年齢層でもっとも多いのが40代。次いで50代、30代となっているようです」そう話すのは、創業者で代表取締役の笹野信明氏。各ブランドのディレクションとマーチャンダイジングの陣頭指揮を執る。

 4050代という年齢層から支持を集める背景には、どんなマーケティング戦略があるのだろうか。

 「そもそも、創業時から『ノーエイジ』をコンセプトにしてきており、特定の年代をターゲットに設定しているわけではありません。ふたを開けてみたら4050代の方が多いという状況です」(同)

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media