第6回 創業時より社会問題とビジネスをつなげてきたSDGsの先進企業=サラヤ

2019/12/27 09:30
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

小売業のSDGs

「衛生」「環境」「健康」という3つのテーマを事業の柱とするサラヤは、日本企業の中でいち早くSDGsに取り組んだ企業だ。その原点は1952年の創業時にまで遡る。社会問題の解決とビジネスをつなげていきながら、より豊かで健やかな生活のために、人にも地球にもやさしい商品づくりに努めている。

SDGsに取り組む原点は1952年の創業にあり

サラヤ製品
手肌と地球にやさしい「ヤシノミ洗剤」(左)を筆頭に、SDGsに対応した商品が並ぶ。

 「SDGs」という言葉が生まれる以前から、サラヤでは持続可能な社会を実現するための企業活動を行っている。最初に取り組んだのがボルネオの環境保全活動であり、かれこれ15年になる。だが、遡れば1952年の創業がその原点といえるだろう。当時の日本は衛生状態が悪く、伝染病が蔓延。これをなんとかしたいと考えた創業者・更家章太氏は、ヤシ油を原料に手洗いと同時に殺菌・消毒のできる石けん液と、それを衛生的に供給する容器を開発した。感染症を「治す」ことよりも「防ぐ」ことに着目し、予防の基本である「手洗い」を事業にしたのである。

 同時に、手を洗うことの習慣化を広めるべく、標語を用いた啓蒙活動も実施。ハードとソフトの両方で取り組みながら、社会問題の解決とビジネスをつなげていったのである。

 そんな同社が次に提案したのが「ヤシノミ洗剤」だ。高度経済成長期の真っただ中、石油系合成洗剤によって河川の汚染が進み、大きな社会問題に。そこで、ヤシの実由来の植物性洗浄成分を使った、環境への負荷が少ない食器用洗剤を開発。71年に業務用を、79年には一般家庭用を発売した。以来、人と地球にやさしい洗剤として40年以上にわたってロングセラーとなり、同社の看板商品となっている。

 さらに、82年には台所用洗剤として日本初の詰替パックを開発。従来の使い捨てボトルに対して、石油資源の節約とゴミの少量化をめざしたのである。

 時代に先駆けてエコロジーを追求した「ヤシノミ洗剤」だったが、2004年、思わぬかたちで環境問題を突きつけられる。きっかけはテレビ番組だ。ボルネオでアブラヤシのプランテーション(農園)が急速に拡大し、熱帯雨林が減少。そこに生きる野生動物が絶滅の危機に。原因は、アブラヤシからとれるパーム油であり、その植物油の利用企業としてバッシングを受けたのがサラヤだった。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media