スターバックス、プラ製ストローを紙製に切り替え、20年1月から

2019/11/27 11:18
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

スターバックス、プラ製ストローを紙製に切り替え、20年1月から
FSC認証の原材料を使った紙製ストローに切り替える

 スターバックスコーヒージャパンは11月26日、国内全店で使用するプラスチック製の使い捨てストローを紙製に切り替えると発表した。これにより、年間約2億本分のプラ製ストローの削減につなげる。

 2020年1月から段階的に紙製ストローを導入、同年3月には国内の約1500店舗で紙製ストローの提供を開始する。加えて、一部のフラペチーノなどで使用する大口径のプラ製ストローも同年5月から順次、紙製に切り替える。紙製ストローには、FSC(森林管理協議会)認証の原材料を使用する。

 米スターバックスは18年7月、全世界のスターバックス店舗で20年末までにプラ製ストローを全廃することを発表している。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media