2030年までにゼロエミッションめざす欧州・ケスコの取り組みとは

リテイルライター:太田美和子
Pocket

サステナブル大

西欧の先進国や北欧諸国では、政府や地方自治体が長年環境問題に本腰を入れていることや、消費者の関心の高さから、食品小売業は早期からサステナビリティを推進している。そんな欧州の中でも、サステナビリティにおけるリーディングカンパニーの1社といわれるのが、フィンランドのケスコ(Kesko)だ。同社はどのようにサステナビリティに取り組んでいるのか。そのアプローチ手法をレポートする。

世界100社ランキング ランクイン記録更新中!

 カナダの投資調査会社であり金融情報誌を発行するコーポレート・ナイツは毎年、世界のあらゆる業種業態の売上高10億ドル(約1300億円)以上の企業のうち約7000社のサステナブルな取り組みを査定して「世界で最もサステナブルな100社」を発表している。

 その2022年版が1月19日に発表された。100社にランクインする食品小売企業は極めて少ない。22年版では、43位に米国のスプラウツ・ファーマーズ・マーケット(Sprouts Farmers Market)、69位にフィンランドのケスコ(Kesko)が入った。ケスコは、同調査結果の発表が開始された05年以来、毎年100社にランクインし続けている世界で唯一の企業で、サステナビリティにおいては欧州のリーディングカンパニーの1社といえる。

ケスコのサステナビリティの取り組み
ケスコのサステナビリティの取り組みは幅広い分野を網羅して実行しており、国際的に評価を得ている

 ケスコは、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media