原信・ナルス、TQM活動を生かした全社一丸のサステナブル経営とは

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

サステナブル大

アクシアル リテイリング(新潟県/原和彦社長:以下、アクシアル)傘下の食品スーパー(SM)、原信(同)とナルス(同)は、20年以上も前から環境マネジメントの国際認証規格を取得するなど、高品質かつ地域社会に寄り添ったサステナビリティ活動を推進してきた。同社が「経営の根幹」と位置づける「TQM(TotalQuality Management:総合的品質管理)」活動を生かし、全従業員でこれを実践・継続している。

大きな刺激を受けた欧州小売業の視察

 アクシアルのサステナビリティ活動の大きな契機は2000年、当時の原信が小売業界に先駆けて「ISO14001」の認証を取得したことだ(ナルスは06年に原信と経営統合した後、08年に取得)。「ISO14001」とは環境マネジメントの国際認証規格で、企業活動における環境リスクを分析し、それを低減するための継続的な仕組み構築のためのガイドラインだ。

アクシアルTQM・CSR部部長の水島典子氏(写真右) 原信ナルスオペレーションサービス環境CSR室主任の永谷恵理氏(写真右)
アクシアルTQM・CSR部部長の水島典子氏(写真右)

 当時、日本のSMではほとんど前例がなく、取得までに1年ほどを費やしたという。「一つひとつが手探りで、認証機関を探すのにも苦労したと聞いている」(アクシアルTQM・CSR部部長の水島典子氏)。

 同認証は取得して終わりではない。その仕組みが維持されているか毎年、各部署に対して認証機関による審査があり、3年ごとに更新の手間とコストも発生する。

 それでも認証取得をめざす動機となったのが、当時、経営陣が欧州の小売業を視察し、先進的な環境活動を目の当たりにしたことだ。原信も1990年代に入ってから環境対策を始めていたものの「小手先の環境対策では将来、通用しなくなる」と痛感したという。そこで99年に環境マネジメント担当を設置し「ISO14001」の認証取得に動き出した。

 こうして本格的なサステナビリティ活動に乗り出した原信の大きな支えになったというのが「TQM」だ。トヨタ自動車をはじめとした製造業を中心に採用されている経営管理手法で、原信は80年代から導入。現在では「経営の根幹」と位置づけ、グループ全体で取り組んでいる。

 具体的にアクシアルでは、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態