ヤマダデンキ、Mac・iPadの残価設定ローンを提供、無金利で分割払可能

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

ヤマダ電機外観
3月11日から、アップル製品を取り扱う338店舗でパソコンの「Mac」、タブレットの「iPad」を残価設定ローンで購入できる「ヤマダの無金利分割+選べる購入」の提供を始める。

 ヤマダデンキは3月11日から、アップル製品を取り扱う338店舗でパソコンの「Mac」、タブレットの「iPad」を残価設定ローンで購入できる「ヤマダの無金利分割+選べる購入」の提供を始める。

 同社はオリエントコーポレーションと提携し、2020年12月から最大24回まで無金利分割支払いで購入できるアップル製品専用のショッピングローンを提供している。今回は購入機種を2年後に下取りすることを前提に、買取最低金額を残価として設定することで月々の支払金額を安くする残価設定型の無金利ショッピングローンを追加する。

 例えば、現金販売価格11万5280円(税込)のノートブックパソコン「MacBook Air」(2020年発売モデル、256ギガバイト)の残価設定価格は3万9824円で、月々3100円(初回は4156円)の24回払いが可能となる。

 5月31日までは初回キャンペーンとして、Macの残価設定を本体税別価格のほぼ半額に設定する。前出の機種の場合、月々2600円(初回は3604円)で購入できる。

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media