神戸物産(業務スーパー)

「食の製販一体体制」強化をグループ目標に掲げる神戸物産の中心的事業が業務スーパー事業だ。国内グループ工場(25工場)で製造するオリジナル商品約340アイテムや、約40カ国からの直輸入約1500アイテムによる、競合店には並ばないプライベートブランド(PB)商品の開発により、集客力を高めている。

業務用食材からスタートしたが、近年の客層の9割は一般客。直営3店舗をのぞき、フランチャイズ運営で、2021年には全都道府県への店舗展開を果たし、店舗数は現在1000店舗程度となっている。

総菜コーナー「馳走菜(ちそうな)」の展開に注力するほか、売場面積50坪程度の小型店の取組みも進めている。業務スーパーが重視する経営指標は既存店売上高。対前期比伸長率2%以上をめざす。22年10月期より、3カ年の中期経営計画が始動。24年10月期、グループ売上高4100億円、営業利益320億円、ROE20%以上を経営目標に掲げている。

業務スーパー天下茶屋駅前店

代表取締役社長 : 沼田 博和

売上高売上高
総利益率
売上高
営業利益率
売上高
販管費率
売上高
経常利益率
売上高
当期純利益率
362,064百万円11.9%7.5%4.3%8%5.4%

決算期:2021年10月 / 連結

© 2022 by Diamond Retail Media