「神戸物産」20年10月期決算、純利益前年比24.8%増で新規出店も好調、来期も“堅実”な成長をめざす

2020/12/25 05:58
「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 若狭靖代

神戸物産(兵庫県/沼田博和社長)は12月14日、2020年10月期決算説明会を行った。コロナ特需により主力業態の「業務スーパー」が好調で、中間決算では売上高、純利益ともに過去最高を更新した神戸物産。下期に入り伸び幅は落ち着いたものの、通期では売上高が対前年比13.8%増、純利益は同24.8%増と大幅な増収増益での着地となった。

11月にリニューアルオープンした高円寺店
11月にリニューアルオープンした高円寺店

コロナ特需で業績は好調

 神戸物産の2020年10月期決算は、売上高3408億7000万円(対前期比13.8%増)、営業利益238億5100万円(同24.0%増)、純利益150億4700万円(同24.8%増)となった。増収増益の要因は、主力の業務スーパー業態がコロナ禍で高まったまとめ買い・大容量のニーズを大きく取り込んだためと見られる。

 四半期単位での推移を見ていくと、第1四半期(昨年11月〜今年1月)の売上高対前年同期比は5.1%増だったが、コロナの流行が拡大した第2四半期(2〜4月)に同21.8%増と大きく伸びた。以降、コロナ需要がひと段落するにつれ伸び幅は減少したものの、最終的には同13.8%増と好調な着地となった。

 主力業態の業務スーパーは、全国全店の出荷実績が67カ月連続で前年実績を超えるなど好調。店舗数は、10月末時点で879店舗となり34店舗の純増、目標としていた30店舗を上回った。

次ページは
PB強化に注力
1 2 3 4

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media