神戸物産21年10月期大幅増益!来期、原料高騰でも増収増益するための戦略とは

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

神戸物産(兵庫県/沼田博和社長)は12月14日、2021年10月期決算説明会を行った。主力業態の「業務スーパー」が順調だった内食需要を取り込み、事業をけん引。同期は増収・増益で、通期では売上・営業利益ともに過去最高を記録した。

「次世代型業務スーパー」の天下茶屋店
「次世代型業務スーパー」の業務スーパー天下茶屋駅前店

内食需要を取り込み増収・増益 

  神戸物産の202110月期決算は、売上高36206400万円(対前期比6.2%増)、営業利益2731100万円(同14.5%増)、当期純利益1959200万円(同30.2%増)だった。増収増益の要因を沼田社長は「『業務スーパー』において、コロナ禍で内食需要が旺盛だったことと、テレビを中心としたメディア、SNS上で同社の商品が話題を呼ぶなど、知名度が向上したこと」にあると説明する。また、冷凍の野菜やフルーツ、デザートが好調で、特に冷凍野菜は家庭での消費量も増加しており今後も期待できる、とした。

  主力業態の業務スーパーは、20212月に宮崎県に進出し、これで全国47都道府県への出店を果たした。計77店舗の新規出店を行い、全国に950店舗展開する。第2四半期決算の上方修正後の出店目標だった939店舗を大きく上回った。特に沖縄県と鹿児島県を除く九州直轄エリアへの出店が好調で21年10月期は22店舗、新規出店した。

  既存店の出荷実績も対前期比2.4%増と、終わってみればコロナ特需に沸いた20年10月期を上回る数値となった。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media