忘年・新年会、7割見送り=コロナ警戒、静岡は85%―商工リサーチ

時事通信社
Pocket

忘年会を楽しむ会社員
〔写真説明〕忘年会を楽しむ会社員=1日、東京都港区(時事通信社)

 東京商工リサーチが13日発表した調査によると、忘年会や新年会を開催しないと回答した企業は全体の71.1%に上った。新型コロナウイルス感染拡大「第8波」への懸念が強まる中、宴会に対する警戒感が示された形だ。都道府県別では、静岡が85.0%で最も高かった。

 開催しないとした企業は、昨年12月時点(79.4%)に比べて低下したものの、今年10月の調査からは9.7ポイント上昇。飲食店への逆風も続きそうだ。

 静岡に次いで高知、山口、滋賀、青森の順に開催しない割合が高かった。一方、沖縄は50.8%と最低で、石川や福井、長野なども低かった。東京は69.0%だった。

 商工リサーチの担当者は「昨年よりコロナに対する緊張感は和らいでいるが、足元では第8波の本格化を受けて、宴会に消極的な姿勢が広がっている」と指摘した。調査は1~8日にインターネット上で行い、4766社が回答した。

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態