【大日本印刷】丸善と図書館流通センターを統合、ジュンク堂は3年後めど

2009/09/30 15:50

 大日本印刷は連結子会社の大手書店、丸善と図書館流通センター(TRC)を経営統合する。来年2月1日付けで共同持株会社「CHIグループ」を設立、丸善とTRCがその傘下に入る。CHIグループへの大日本印刷の出資比率は50%を超え、大日本印刷傘下の中間持株会社という位置づけとなる。

 

 東証1部上場の丸善は来年1月末に上場を廃止し、代わって新会社CHIグループが2月に上場する予定。CHIグループは設立後3年目となる2013年1月期に連結売上高1640億円、連結営業利益50億円の達成を目指す。

 

 一方、今年3月に大日本印刷の連結子会社となった大手書店のジュンク堂は今回の経営統合には参加せず、丸善、TRCと業務提携を結ぶ。当面は情報システムや物流の共有などを進め、CHIグループ設立から3年以内をめどに経営統合に参加する方針。

 

 ジュンク堂は9月14日、ジャスダック上場の書店チェーン、文教堂グループホールディングスの筆頭株主となっており、将来的には文教堂グループもCHIグループに加わる可能性がある。

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media