ジュンク堂書店、米クローガーが開発した電子書棚導入、大日本印刷と実証実験

2019/09/20 11:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

書棚に電子POPや動画広告を表示できる

 丸善ジュンク堂書店と大日本印刷は9月18日、ジュンク堂書店池袋本店(東京都豊島区)でデジタルサイネージ(電子看板)を搭載した書棚「デジタルシェルフ」を運用する実証実験を始めた。

 デジタルシェルフは内部にプロジェクターを装備しており、書棚に陳列した書籍に合わせた効果的な電子POPや動画広告などを表示できる。POPや広告はインターネット経由で配信されるため、書店員が紙のPOPを差し替えたりする作業を軽減できる。

 また、デジタルシェルフはセンサーを搭載しており、来店客がデジタルシェルフの前で立ち止まった頻度や書籍を手に取った回数などをセンサーで計測。POSデータと組み合わせることで顧客の購買行動を分析できる。

 デジタルシェルフは、米スーパーマーケット最大手のクローガーが開発した「EDGE Shelf(エッジシェルフ)」の技術を活用している。エッジシェルフには大日本印刷製の小型プロジェクター向け透過型スクリーンが採用されており、クローガーと大日本印刷はエッジシェルフとその関連サービスを日本で展開するための共同研究を今年3月に始めた。

 クローガーはエッジシェルフで商品の価格や栄養価などを表示しているほか、顧客の購買行動に合わせた広告を配信することでメーカーから広告収入を得ることを目指している。

米クローガーはエッジシェルフに商品の価格や栄養価などの情報を表示している

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media