イオンリテール、自動走行ロボットでの商品配送に協力、千葉市で実証実験

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

イオンリテールが実証実験に協力する、京セラコミュニケーションシステムの無人自動走行ロボット
ロボットは共用ロッカーを搭載しており、最高速度15kmで公道を自動走行する

 イオンリテールは、京セラコミュニケーションシステム(京都市)が千葉市幕張新都心で行う無人自動走行ロボットを使った商品配送の実証実験に協力する。近隣マンションの住民が「イオンスタイル幕張ベイパーク」で購入した商品を、自動走行ロボットでマンションまで届ける。

 実証実験は3月10日から始めた。共用ロッカーを搭載したロボットが、公道を自動走行し、マンション2棟とイオンスタイル幕張ベイパークを定時巡回する。マンションの住民がモニターとして参加する。

 利用者は、イオンスタイル幕張ベイパークで購入した商品を店舗脇の停止場所でロボットに預け、自宅マンション近くの停止場所で受け取る。ロボットが搭載するロッカーは大中小のサイズがあり、タッチパネルを操作して開閉する。

 この実証実験は、国家戦略特区に指定され、先進的なモビリティサービスの活用を目指している千葉市の支援を受けて実施される。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media