「急拡大」後も参入続々 ネットスーパーのさらなる成長に向けた正しい打ち手とは?

文:小野 貴之 (ダイヤモンド・チェーンストアオンライン 副編集長)
Pocket

エリア拡大に新規参入……市場は3000億円超に

 ネットスーパー市場の拡大が続いている。富士経済によると、2023年(見込み)のネットスーパーの市場規模は対前年比12.9%の3128億円。22年(市場規模2770億円、同12.1%増)に続いて2ケタの伸びとなっている。

 市場拡大の背景にあるのは、小売各社によるネットスーパー強化の動きだ。コロナ禍で急拡大した需要に対応すべく、ネットスーパー運営各社は対応エリアの拡大、品揃えの拡充などを推進。新規客の取り込み、既存客のリピートで成果を上げている。一部の企業では反動減が見られたものの、各社のネットスーパー売上高はおおむね順調に伸長している。

 新規参入組の存在も大きい。直近の22~23年にかけては、平和堂(滋賀県/平松正嗣社長)、マミーマート(埼玉県/岩崎裕文社長)、トライアルカンパニー(福岡県/石橋亮太社長)と、地域で存在感のあるリージョナルチェーンやローカルチェーンがネットスーパーを新規にスタート。一度はネットスーパーから撤退したサミット(東京都/服部哲也社長)も22年に再参入している。また、イオン(千葉県/吉田昭夫)グループが次世代オンラインマーケットとして「Green Beans(グリーンビーンズ)」を23年7月に本格稼働したのも大きな注目を集めた。

 既存サービスの拡充・拡大、新規参入による売上の押し上げに、22年から続く値上げによる1品単価の上昇も追い風となって、コロナ禍で急拡大した市場は収束後も維持されており、当面は緩やかに拡大を続けていくと見ていいだろう。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態