三井不動産、SCテナントの商品をライブコマースで販売、6施設から動画配信

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

「三井ショッピングパークららぽーと」が入居するテナントの商品をライブコマースで販売開始
12月14日から約半年間、試験的にライブコマースを実施する

 三井不動産は、ショッピングセンター(SC)の「三井ショッピングパーク ららぽーと」などに入居するテナントの商品をライブコマースで販売する。12月14日から試験的にスタートし、約半年間で50〜80本のライブ動画を配信する予定だ。

 「ららぽーとTOKYO-BAY」(千葉県船橋市)や「ラゾーナ川崎プラザ」(川崎市)、「COREDO(コレド)室町テラス」(東京都中央区)など三井不動産商業マネジメントが運営する6施設から、25店舗ほどが参加する。

 店舗スタッフやゲストのタレントがおすすめ商品をライブ動画で紹介。ほしい商品は、そのままネットで購入できる。動画配信には、ライブストリーミングサービスの「Livekit」と「TIG LIVE」を活用する。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media