記事タイトルバナー
(昨日の続きです)    次に流通の話に触れておきたい。  今、流通はリアル店舗からネットショッピングに大きくシフトしている。
2017年1月12日(木)。アイリスオーヤマ(宮城県)グループの合同賀詞交歓会が開催された(@ホテルメトロポリタン仙台)。大山健太郎アイリスグループ会長兼アイリ
 北海道・東北を地盤とする食品スーパー大手のアークス。M&Aを活用し同業を仲間に入れ成長に結びつけてきた。2015年度(16年2月期)に売上高5000億円を突破
 2017年1月15日 

ライフ智恵光院店

<住所>〒602-8407 京都府京都市上京区大宮通寺之内一丁下る西入伊佐町212-3 <電話番号>075-441-2350 <アクセス情報
<住所>〒272-0025 千葉県市川市大和田1-1-1 <電話番号>047-376-6500 <アクセス情報>JR総武本線・都営地下鉄新宿
<住所>〒121-0816 東京都足立区梅島2-31-26 <電話番号>03-3887-3111 <アクセス情報>東武伊勢崎線「梅島」駅から
 2017年1月15日 

ヤオコー中之条店

<住所>〒377-0400 群馬県吾妻郡中之条町大字中之条1864-1 <電話番号>0279-75-2220 <アクセス情報>JR吾妻線「中
 2017年1月15日 

オーケー西寺尾店

<住所>〒221-0001 神奈川県横浜市神奈川区西寺尾1-16-15 <電話番号>045-947-3211 <アクセス情報>JR横浜線「大
 2017年1月15日 

イオンモール長久手

<住所>〒480-1100 愛知県長久手市長久手中央土地区画整理事業地内5-10-11街区 <電話番号>0561-63-7711 <アクセス
<住所>〒152-0003 東京都目黒区碑文谷4-1-1 <電話番号>03-3710-1111 <アクセス情報>東急東横線「学芸大学」駅から
 では、このID-POS分析特有のF(頻度)、どのように実践活用するかですが、図表に示したように、SABZの4段階で活用してゆくのが、わかりやすく、実践的といえ
 ホームセンター(HC)の総売場面積は増加の一途をたどっている。全店での売上高は堅調だが、新店で既存店の落ち込みをカバーする状態が続いている。近年は天
 ホームセンター(HC)で扱われる発電機市場は、震災後の需要から一段落し落ち着いて推移しているが、さまざまな用途に対応する利便性の高さから、業務用や防
 ダイヤモンド・ホームセンター誌では、10月に、全国主要ホームセンター(HC)に「園芸部門動向調査」のアンケート用紙を送付し、28社(29部門)から回
 ダイヤモンド・ホームセンター誌では、2016年10月に主要ホームセンター(HC)に『店頭プロモーションに関するアンケート』を送付し、21社から回答を
 過日、インフルエンザにかかって、久しぶりに病欠することになった。  医師から処方箋をもらい、門前薬局で調剤を待つ間に、飲み物と食べ物を確保しておこうと考
 ID-POS分析によるマーチャンダイジング戦略を構築する上で、KPI(Key Performance Indicator)となる指標の一つがF(頻度)です。F
 人口減少や高齢化といった社会の変化は、国内の消費市場縮小につながってくる。農林水産物や加工食品など生存に不可欠な“食”でも国内市場が先細りになることは確実だ。
 肉ブームと言われて久しいが、いまなお、グルメ情報サイト『ホットペッパーグルメ』のフリーワード検索において、「肉」や「牛肉」などは人気の入力キーワードとして上位
 14都県に141店舗を展開する食品スーパー(SM)大手のベイシア(群馬県/橋本浩英社長)は、危機感をバネにV字回復モードに入った。今年6月23日に社長に就任し