記事タイトルバナー
 前回少しだけ触れましたが、セルフPOPのメッセージを考える際に押さえる必要があるのが「モノよりコト」という考え方です。「モノ消費からコト消費へ」などというフレ
 今まで、データを収集し分析することで課題をあぶり出し対策を実施していくことの重要性をご説明してきましたが、今回はその中でもちょっとした取り組みで応募者数を増や
 2017年7月15日 

ダイエー松戸西口店

<住所>〒271-0077 千葉県松戸市根本4-2 <電話番号> <アクセス情報>JR常磐線・新京成線「松戸」駅から徒歩3分
 2017年7月15日 

ライフ伏見深草店

<住所>〒612-0019 京都府京都市伏見区深草平田町7 <電話番号> <アクセス情報>京阪本線「伏見稲荷」駅より徒歩5分
<住所>〒385-0051 長野県佐久市中込3211-5 <電話番号>0267-66-1225 <アクセス情報>JR小海線「北中込」駅から徒
<住所>〒923-0801 石川県小松市園町ハ23-1 <電話番号>0761-23-1211 <アクセス情報>JR北陸本線「小松」駅よりクル
 2017年7月15日 

iias高尾

<住所>〒193-0834 東京都八王子市東浅川町550-1 <電話番号>042-667-2960 <アクセス情報>JR中央線・京王電鉄高尾
 福岡県に本部を置き、九州全県で食品スーパー(SM)を展開するマックスバリュ九州。商勢圏では、同業のSMのほかにもディスカウントストア(DS)、食品の扱いが大き
売場作りにアウトソーシングを活用し売上が2.5倍にアップ    食品メーカーA社では毎年、春と秋にリージョナルスーパーB社とのタイアップキ
 コストマネジメント4.0についての連載は今回が最終回となります。寄稿している中でたくさんのご相談も受け、多くの小売業様にてコストマネジメントが非常に重要であり
 2017年7月5日 

第2回 セルフPOPの3W

 ドラッグストアなどのセルフ売場の多くは、カテゴリ別/ブランド別に整理されていますが、商品と値札を棚割通りに陳列しているだけではお客さまの潜在ニーズにア
 ますます熾烈さを極めるシェア争い、一方で慢性化する人手不足や商品の均一化など、課題の多いコンビニ各社。世界的に見ても高度に精緻化されたビジネスモデルのように見
 前回では、「課題の見える化が重要!」と申し上げましたが、では、「どのような数値を把握することで、具体的にどのような問題が生じていると把握できるのか」を考えてい
<住所>〒167-0053 東京都杉並区西荻南3-25-1 <電話番号>03-6913-7373 <アクセス情報>JR中央本線「西荻窪」駅改
<住所>〒216-0035 神奈川県川崎市宮前区馬絹2-1-1 <電話番号>044-870-3811 <アクセス情報>東急田園都市線「宮崎台
<住所>〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-1 <電話番号>072-632-5511 <アクセス情報>阪急電鉄京都線「茨木市」駅より
 オーガニックヴィレッジジャパンは16年10月、消費者1万人を対象としたオーガニック市場に関する調査を実施した。同様の調査はかつても実施されているが、1万人規模
 DIYやリノベーションに対する認知度や関心度は、年々高まっている。消費者の傾向をみてみると、20代は「インテリア」や「かっこいい」というイメージがあるようだ。
 近年、企業やブランドに親しみを持ってもらうため、マスコットキャラクターを活用する事例が増えている。企業のWebサイトや店頭などはもちろん、SNSを活用した情報
 消費者の購買行動を左右する重要な媒体であるチラシ。訴求方法によっては、顧客以外の消費者を店舗に誘導することも可能だ。テーマ設定やキャッチフレーズなど、どのよう