記事タイトルバナー
 今回は、食品の最重点商品、バーモンドカレーについて、F(頻度)の視点からID-POS分析によるマーチャンダイジング戦略を解説します。バーモンドカレーはロングラ
 小売業のオムニチャネル戦略は失敗したのか──。米アマゾン・ドット・コムをはじめとしたECの成長ばかりが目立ち、実店舗に消費者は戻ってきていない。注目すべきは、
 丸井グループは、「共創経営」を掲げ、顧客との協働による商品開発や商業施設づくりに取り組んでいる。その象徴と言えるのが2016年春にオープンした「博多マルイ」で
<住所>〒183-0021 東京都府中市片町3-22-26 <電話番号>042-330-3310 <アクセス情報>JR南武線・京王線「分倍河
 2017年3月15日 

マルエツ糀谷駅前店

<住所>〒144-0034 東京都大田区西糀谷4-29-16 <電話番号>03-3741-6460 <アクセス情報>京浜急行電鉄空港線「糀谷
 2017年3月15日 

オーケー湘南台店

<住所>〒252-0804 神奈川県藤沢市湘南台1-13-1 <電話番号>0466-54-7531 <アクセス情報>小田急江ノ島線「湘南台」
<住所>〒463-0070 愛知県名古屋市守山区新守山2830 <電話番号>052-792-9011 <アクセス情報>JR中央本線「新守山」
 ABEJAは、AIのブレイクスルー技術であるディープラーニングをベースにした画像解析技術で、顧客の属性推定や、行動解析を行うサービスを提供する。これまで得られ
 前回、バナナのF(頻度)から見たマーチャンダイジング戦略を詳しく解説しましたので、さらにF(頻度)をイメージとしてつかむために、食品スーパーで実際に販売してい
 日本能率協会総合研究所は、1998年から「健康ニーズ基本調査」を継続的に実施している。最新版「健康ニーズ基本調査2016」から、注目すべき結果をいくつか紹介し
 2017年3月1日 

ライフ川崎大島店

<住所>〒210-0834 神奈川県川崎市川崎区大島4-3-1 <電話番号>044-222-2772 <アクセス情報>JR東海道線、京浜東北
 2017年3月1日 

ヤオコー行田門井店

<住所>〒361-0044 埼玉県行田市門井町2-12-17 <電話番号>048-553-3933 <アクセス情報>JR高崎線「行田」駅から
 ホームセンター(HC)の総売場面積は増加の一途をたどっている。全店での売上高は堅調だが、新店で既存店の落ち込みをカバーする状態が続いている。近年は天
 ホームセンター(HC)の総売場面積は増加の一途をたどっている。全店での売上高は堅調だが、新店で既存店の落ち込みをカバーする状態が続いている。近年は天
 ホームセンター(HC)の総売場面積は増加の一途をたどっている。全店での売上高は堅調だが、新店で既存店の落ち込みをカバーする状態が続いている。近年は天
 プロ向けカテゴリーの中でも、ワークウエア、作業用手袋、各種安全保護具などの作業用品市場は、着実に成長を続けている。東京オリンピックなどのイベントをにらんだ成長
 ホームセンター(HC)の総売場面積は増加の一途をたどっている。全店での売上高は堅調だが、新店で既存店の落ち込みをカバーする状態が続いている。近年は天
 Eコマースサイトの利用者の増大が続くだけでなく、オムニチャネル化でEコマースサイトや店舗を行き交う消費者も増えている。サービスを提供する流通サイドはID・パス
  「バナナのF(頻度)をSAB-Zの視点から見る、その3!」です。その3では、バナナの年間購入顧客17,182人の内、年間1.0回しか購入しないZ顧客のみに絞
<住所>〒411-0942 静岡県駿東郡長泉町中土狩325-4 <電話番号>055-980-5015 <アクセス情報>JR東海道本線「三島」