記事タイトルバナー
 ますます熾烈さを極めるシェア争い、一方で慢性化する人手不足や商品の均一化など、課題の多いコンビニ各社。世界的に見ても高度に精緻化されたビジネスモデルのように見
 アクセンチュアは2017年に企業が押さえるべき最新ITトレンドを定義した調査レポート「Technology Vision 2017」を発表した。 &nb
 小売業のオムニチャネル戦略は失敗したのか──。米アマゾン・ドット・コムをはじめとしたECの成長ばかりが目立ち、実店舗に消費者は戻ってきていない。注目すべきは、
 ABEJAは、AIのブレイクスルー技術であるディープラーニングをベースにした画像解析技術で、顧客の属性推定や、行動解析を行うサービスを提供する。これまで得られ
 Eコマースサイトの利用者の増大が続くだけでなく、オムニチャネル化でEコマースサイトや店舗を行き交う消費者も増えている。サービスを提供する流通サイドはID・パス
 世界最大手のソフトウエア企業であるアドビシステムズは、ソフトウエアの開発や販売だけではなく、マーケティングのソリューション提供も行っている。世界の小売業界で加
 富士通(東京都/田中達也社長)と富士通システムズ・イースト(東京都/石川享社長)は、調剤薬局と調剤併設型店舗を展開するドラッグストア(DgS)に向け
店舗業務、バックヤード業務向けに 堅牢性を高めた 4.7型音声通話対応ハンドヘルド 店舗業務やバックヤードでの作業に使用する業務用端末は、扱いやす
急拡大する 小売業のチェックアウト・システムに新たな潮流が生まれている。ここ数年、「セミセルフレジ」と呼ばれるPOSレジを導入する小売業が急速に増えて
ハンディターミナルの効率的な運用・管理を実現 端末管理ツール「intAlearm] シャープビジネスソリューション  長年業
ハンディターミナルや通信機能、携帯情報端末の機能を スマホやタブレットに集約 日立システムズ スマートデバイスを活用し、 店舗業務の効
顧客データ分析のゴールは、顧客視点から、商品、チャネル、マーケティングなどの機能をバリューチェーン横断で最適化し、顧客への付加価値を最大化することである。今回は
「実践的ID‒POS分析」連載第3回は、1:1プロモーションを中心に、プロモーションの最適化を取り上げる。顧客1人当たりの売上高を最大化するためには、顧客を正し
「実践的ID‐POS分析」連載第2回は、店舗のローカライゼーションを取り上げる。店舗の特性に応じた品揃えや売場づくりを行うためには、その店舗の主要な顧客層や購買
会員カードを使ってID-POS分析・活用に取り組む小売業が増えている。しかし、期待どおりの結果を出せないでいる小売業も少なくない。どうすれば成果に結びつけること
 タブレットをビジネスに導入している企業、あるいは導入を検討している企業は少なくない。その一方でタブレットの活用を始めたものの、利用するチャンスがない
富士通エフ・アイ・ピー(以下「富士通FIP」) と凸版印刷株は、生活協同組合コープかごしま(以下「生協コープかごしま」)が開始するプリペイド機能を持つ組合員証「
富士通エフ・アイ・ピー(以下「富士通FIP」) と凸版印刷は、食品スーパーのハローズ(本社・岡山県)が開始する独自の電子マネーサービス「ハロカマネー」向けに、「