記事タイトルバナー
 アクセンチュアの最新調査によると、家庭向けデジタル音声アシスタント端末(以下、スマートスピーカー)を所有する消費者の間では、エンターテインメントやオンラインシ
 イオングループのイオンイーハート(中村弘治社長)は2018年1月16日、イオンモール幕張新都心の「おひつごはん四六時中」にボクシーズ(鳥居暁社長)の「Putm
 消費者のデジタル化の浸透、EC(ネット通販)の拡大――。消費環境が変わるなか、流通業はデジタルマーケティングにどう取り組んでいけばよいのか。データ収集・分析・
 「リテールテックJAPAN2018」会場内のシスコシステムズのブースは、暖簾を掲げた一風変わった雰囲気。京都府が主導する「スマート観光プロジェクト」の一環であ
 2018年3月6日(火)~9日(金)の日程で、東京ビッグサイト(東京・有明)で開催された「リテールテックJAPAN2018」には、デジタルトランスフォーメーシ
 「AI・IoT」が、今のコンピューティング市場のキーワードになってきた。併せて言えばクラウドやビッグデータは、AI・IoTのベースとして当たり前の要素と考える
 日本の流通業も、ようやくデジタル化へ大きく舵を切り始めた感がある。それに対しシスコシステムズの大野元嗣・公共・法人事業 事業推進本部インダストリー事業推進部
 流通小売業や外食産業にもデジタル化の波が押し寄せている。新たなマーケティング手法としてAIやIoTに対する期待も大きい。一方、直面する課題として人手不足の解消
 流通業界にとって省エネは、地球温暖化対策の推進とともに経営コスト削減のために避けて通れないテーマだ。米ハネウェルが開発した新冷媒「ソルスティスN40」は、海外
 イオングループは2013年から、クラウドサービスを本格的に導入している。現在は、顧客サービスや社内向けのポータルシステムなどをクラウドサービスで運用しており、
 人手不足の解消とレジ待ち時間の短縮をめざし、世界初の人工知能搭載レジ「ワンダーレジ」を開発したサインポスト。電気通信大学生協で実証確認を今夏スタートした。学生
 ますます熾烈さを極めるシェア争い、一方で慢性化する人手不足や商品の均一化など、課題の多いコンビニ各社。世界的に見ても高度に精緻化されたビジネスモデルのように見
 アクセンチュアは2017年に企業が押さえるべき最新ITトレンドを定義した調査レポート「Technology Vision 2017」を発表した。 &nb
 小売業のオムニチャネル戦略は失敗したのか──。米アマゾン・ドット・コムをはじめとしたECの成長ばかりが目立ち、実店舗に消費者は戻ってきていない。注目すべきは、
 ABEJAは、AIのブレイクスルー技術であるディープラーニングをベースにした画像解析技術で、顧客の属性推定や、行動解析を行うサービスを提供する。これまで得られ
 Eコマースサイトの利用者の増大が続くだけでなく、オムニチャネル化でEコマースサイトや店舗を行き交う消費者も増えている。サービスを提供する流通サイドはID・パス
 世界最大手のソフトウエア企業であるアドビシステムズは、ソフトウエアの開発や販売だけではなく、マーケティングのソリューション提供も行っている。世界の小売業界で加
 富士通(東京都/田中達也社長)と富士通システムズ・イースト(東京都/石川享社長)は、調剤薬局と調剤併設型店舗を展開するドラッグストア(DgS)に向け
店舗業務、バックヤード業務向けに 堅牢性を高めた 4.7型音声通話対応ハンドヘルド 店舗業務やバックヤードでの作業に使用する業務用端末は、扱いやす
急拡大する 小売業のチェックアウト・システムに新たな潮流が生まれている。ここ数年、「セミセルフレジ」と呼ばれるPOSレジを導入する小売業が急速に増えて