記事タイトルバナー
 ツルハホールディングス(HD)が発表した2018年5月期の連結業績は、売上高が前期比16.7%増の6732億円、営業利益が14.0%増の402億円だった。
イオンは6月18日、資源枯渇が懸念されるウナギの取り扱い方針を発表した。同社は主に「ニホンウナギ」と「インドネシアウナギ」の2種を販売しているが、2023年まで
 セブン-イレブン・ジャパンは6月18日、食事宅配サービス「セブンミール」の商品を音声で注文できるサービスを東京都内で始めた。
 ファミリーマートは6月19日、オリジナル総菜を午後4時から20円割引するキャンペーンを始めた。夜のスポーツ観戦が増える時期に合わせて時間帯割引を実施することで
 英国スーパーマーケット最大手のテスコが発表した2019年2月期第1四半期(18年3~5月)の既存店売上高は前年同期比1.8%増で、10四半期連続のプラスとなっ
 ヤマダ電機は6月15日、住宅事業子会社のヤマダ・エスバイエルホームを株式交換で完全子会社化すると発表した。9月1日付けで株式交換を実施、東証1部上場のエスバイ
 ローソンは現在導入を進めている新型のPOSレジに6月19日から多言語表示機能を追加する。コンビニエンスストアでは大都市部の店舗を中心に外国人のアルバイトが増え
 セブン-イレブン・ジャパンとヨークベニマルは6月15日、茨城県水戸市と包括連携協定を結んだ。
 三井不動産は6月14日、2019年秋の開業を予定する大型ショッピングセンター(SC)「三井ショッピングパークららぽーと沼津(仮称)」に出店するテナントの一部を
 いなげや(東京都立川市)は6月29日、「ひばりが丘パルコ」(東京都西東京市)の地下1階に高級スーパー「ブルーミングブルーミー」を出店する。今年2月20日に退店
 ベイシアグループのベイシア(群馬県前橋市)とカインズ(埼玉県本庄市)は6月27日、同グループとしては初となるコンセプト共通型のショッピングセンター(SC)「く
 子供・ベビー服専門店の西松屋チェーンが発表した2019年2月期第1四半期(18年3月から5月)の業績(非連結)は、売上高が前年同期比2.9%増の365億円、営
 ファミリーマートは6月14日、書店とコンビニエンスストアの一体型店舗を滋賀県彦根市にオープンした。
 食品スーパーの北雄ラッキー(札幌市)は6月19日、東芝テックが開発した電子レシートシステム「スマートレシート」を導入する。
 アマゾンジャパンと製品評価技術基盤機構(NITE)は6月13日、製品事故の未然防止のために修理・クレーム情報などを共有する協定を結んだ。
 アクシアルリテイリング傘下の食品スーパー、フレッセイ(群馬県前橋市)は6月4日、パックシティジャパン(東京都千代田区)が運用する共用型宅配ロッカー「PUDOス
 三井不動産は9月28日、名古屋市港区に大型ショッピングセンター(SC)「三井ショッピングパーク ららぽーと名古屋みなとアクルス」を開業する。国内14施設目の「
 ファミリーレストランのジョイフル(大分市)は6月11日、同業のフレンドリー(大阪府大東市)に対して行っていた株式公開買い付け(TOB)を終了した。約15億円で
 ファミリーマートは年金支給のタイミングに合わせてシニア層の来店を増やすための販売促進を行う。
 JR東日本リテールネットは6月13日、駅構内のコンビニエンスストア「NewDays(ニューデイズ)」や売店「キヨスク」に設置したデジタルサイネージ(電子看板)