記事タイトルバナー
 自分の部屋やオフィスなどに家電や家具を表示して、大きさや色合いなどをスマートフォン(スマホ)の画面で確かめる。拡張現実(AR)を活用したそうしたスマホ向けアプ
 イオンは店舗で発生する食品廃棄物の量を2025年までに半減させる目標を策定した。    グループの食品廃棄物発生量は15年で売上高100
 ヤフーは10月17日、インターネット通販事業者とリアル店舗の事業者の計94社(192ブランド)が合同で行う「いい買物の日」キャンペーンを始めた。11月11日を
 パルコは接客や従業員の補助業務などを行う商業施設・小売店向けロボット「Siriusbot(シリウスボット)」を日本ユニシス、ソフトウエア開発の08ワークス(東
 有機農産物・無添加加工食品などの食品宅配を手がけるオイシックスドット大地は、中国・上海で食品宅配サービスを始める。    年内にも現地の
 北海道が地盤のドラッグストア、サツドラホールディングス(札幌市)はトヨタ自動車と共同でスマートフォン(スマホ)向けアプリを開発する。サツドラが運営する地域共通
 スウェーデン発の家具専門店、イケア・ジャパン(千葉県船橋市)は10月11日、「IKEA(イケア)長久手」(愛知県長久手市)で電気自動車(EV)・プラグインハイ
 マツモトキヨシホールディングスは10月13日、台湾でドラッグストア「マツモトキヨシ」の展開に乗り出すと発表した。製造業、流通業、不動産業などを運営する現地の台
 柿安本店(三重県桑名市)は10月11日、地元・桑名市に飲食スペースを併設した新型総菜店「パーシモンガーデン」をオープンした。    同社
 セブン&アイ・ホールディングスが発表した2017年3〜8月期の連結業績は、売上高に当たる営業収益が前年同期比4.2%増の2兆9871億円、営業利益は7
 セブン&アイ・ホールディングスは、アスクルとの提携による生鮮EC(電子商取引)事業を11月28日にスタートさせる。    サービ
 ファーストリテイリングは10月12日、2018年8月期の海外ユニクロ事業の売上高が国内ユニクロ事業を上回る見通しだと発表した。中華圏(中国・香港・台湾)や東南
 セブン&アイ・ホールディングス傘下のイトーヨーカ堂は11月17日、ショッピングセンター(SC)「アリオ葛西」(東京都江戸川区)をオープンする。
 イズミは10月10日、2019年2月期からの3年で40店舗を新設することなどを柱とする中期経営計画を発表した。    大型ショッピングセ
 ローソンが発表した2017年3〜8月期の連結業績は、営業総収入が前年同期比7.6%増の3294億円、営業利益が2.5%減の389億円だった。  
 ユニー・ファミリーマートホールディングスは10月11日、2018年2月期の連結営業利益(国際会計基準)が前期比0.2%減の329億円になる見通しだと発表した。
 ローソンは10月12日、東京都青梅市の中山間地域で専用車を使った移動販売を始める。都内で移動販売を行うのは、同社としては初めて。    
 ローソンは10月17日、緩やかな糖質制限「ロカボ」の考え方を取り入れたサラダ「NLフルグラをかけて食べるチョップドサラダ」(税込498円)を発売する。
 高島屋は10月10日、2018年2月期の連結営業利益が前期比5.9%増の360億円になる見通しだと発表した。従来予想から10億円の上振れとなる。上期にネット通
 高島屋は10月10日、高島屋日本橋店(東京都中央区)周辺で開発中の商業施設「日本橋高島屋S.C.」を2018年9月に開業すると発表した。高島屋日本橋店を含め約