記事タイトルバナー
  薬業4団体と日本チェーンドラッグストア協会(神奈川県:以下、JACDS)は、東京都港区の「メルパルク東京」で年頭所感を発表した。各団体代表者の発言を抄録する
 業界4団体と日本チェーンドラッグストア協会(神奈川県:以下、JACDS)は、東京都港区の「メルパルク東京」で年頭所感を発表した。
 イオン(千葉県/岡田元也社長)傘下で、オーガニック食品を中心に扱う食品スーパー(SM)のビオセボン・ジャポン。日本で1号店を出店してから1年あまりが経過した。
 2017年11月に日本で発売された「Amazon Echo(アマゾンエコー)」が話題になっている。これは、AI(人工知能)を搭載したスマートスピーカーで、音楽
 近年、食品市場において「生活者の健康志向の高まり」に着目して開発された商品が話題を集めるようになってきた。それらの商品をよく見てみると、「カロリーオフ商品」「
 「サッポロ生ビール黒ラベル」と「ヱビスビール」という、2つのロングセラーブランドを擁するサッポロビール(東京都)。ビール市場が縮小傾向にあるといわれるなかで、
 香川県に本部を置き、四国を中心に店舗を展開するマルナカ。近年、商勢圏では有力食品スーパー(SM)が増える一方、食品も扱うドラッグストア(DgS)をはじめとした
 ベビー・子供用品の専門店を全国展開する西松屋チェーン(兵庫県)。毎年、積極的な出店により、店舗網を拡大している。競争激化を受け、プライベートブランド(PB)の
作業現場での安全性への意識がますます高まるなかで、作業用品の性能に関心が高まっている。中でもスニーカータイプの作業靴である「プロテクティブスニーカー」の市場は
高齢化や人手不足の問題を抱えている農業。そこに求められているのは、作業の簡便化と効率化である。ニーズに応える商品情報の提供と商品紹介を展開できる売場づくりが、
2017国際ガーデンEXPO「GARDEX」が10月11日(水)~10月13日(金)の3日間、幕張メッセで開催された。同時開催の第14回国際 フラワー&プラン
来店や購入など、消費者のアクションを促進する媒体としての役割を持つチラシ。商品に対する「関心と興味の喚起」、他商品との「比較検討」、さらに、購入への「欲求の喚
 上場ドラッグストア(DgS)企業の2017年3~8月期決算が出揃った。16年4月の診療報酬改定に伴う薬価引き下げ・報酬体系の大幅な見直しの影響で減益となる企業
 スギホールディングス(愛知県:以下スギHD)の2018年2月期第2四半期決算は、売上高2294億9900万円(対前期比5.4%増)、営業利益125億6400万
 広島県に本部を置き、中国、四国、九州エリアで店舗展開するイズミ。商勢圏では人口減少、さらに業態の枠を超えた競争が激化するなか、新たな店づくり、品揃えにより競争
 近年、食品市場において「生活者の健康志向の高まり」に着目して開発された商品が話題を集めるようになってきた。それらの商品をよく見てみると、「カロリーオフ商品」「
 贅沢とは何だろうか──。本書はこのような問いかけから始まる。この問いに対して、神戸大学名誉教授の著者は、経済学のみならず、歴史や社会階層に焦点を当てた社会学の
 今年6月に改正酒税法が施行され、過度な安売り規制が強化された。1990年代当初年商30億円の酒販店から二十数年で1000億円を超える企業に成長したカクヤス(東
 中四国地方を中心に食品スーパー(SM)を展開するハローズ(岡山県/佐藤利行社長)。「瀬戸内商勢圏180店舗3000億円構想」を長期ビジョンに掲げ、熾烈な競争が
 昨今、「働き方改革」がブームとなっている。長時間の残業を押し付けたり、辞めたいという従業員を不当につなぎとめたりする「ブラックバイト」が問題視されるようになり