記事タイトルバナー
 北海道・東北を地盤とする食品スーパー大手のアークス。M&Aを活用し同業を仲間に入れ成長に結びつけてきた。2015年度(16年2月期)に売上高5000億円を突破
 ホームセンター(HC)の総売場面積は増加の一途をたどっている。全店での売上高は堅調だが、新店で既存店の落ち込みをカバーする状態が続いている。近年は天
 ホームセンター(HC)で扱われる発電機市場は、震災後の需要から一段落し落ち着いて推移しているが、さまざまな用途に対応する利便性の高さから、業務用や防
 ダイヤモンド・ホームセンター誌では、10月に、全国主要ホームセンター(HC)に「園芸部門動向調査」のアンケート用紙を送付し、28社(29部門)から回
 ダイヤモンド・ホームセンター誌では、2016年10月に主要ホームセンター(HC)に『店頭プロモーションに関するアンケート』を送付し、21社から回答を
 肉ブームと言われて久しいが、いまなお、グルメ情報サイト『ホットペッパーグルメ』のフリーワード検索において、「肉」や「牛肉」などは人気の入力キーワードとして上位
 14都県に141店舗を展開する食品スーパー(SM)大手のベイシア(群馬県/橋本浩英社長)は、危機感をバネにV字回復モードに入った。今年6月23日に社長に就任し
 人手不足が深刻化するなか、企業間で優秀な人材の獲得競争が繰り広げられている。小売業でも例外ではない。雇用者の過不足状況を示す日銀短観(2016年9月
 テレビ通販国内最大手のジュピターショップチャンネル(東京都)が好業績を続けている。2015年度(16年3月期)業績は売上高1395億円(対前年度比2.2%増)
 今年で9回目を迎えた「フラワートライアルジャパン」が、八ヶ岳南西麓の全7会場で、開催された(9月27~28日)。2017年に向けた主な種苗メーカーの
 大掃除に対する意識はいまだに高いのだが、実際の行動につながっていないのが近年の傾向だ。人々のライフスタイルに合わせて、顧客へのアプローチも変化が求め
 昨今よく話題となる若者の「○○離れ」に関連して、「アルコール離れ」や「外食離れ」などを耳にする機会も多い。果たして実際はどうなのか。データから検証し
 福岡県と佐賀県で事業を展開する西鉄ストア(福岡県)。西日本鉄道(福岡県/倉富純男社長)傘下の食品スーパー(SM)で、現在、経営基盤の強化をテーマに掲
 2016年5月27日、改正酒税法が成立した。免許制度が存在する酒類小売業は1998年以降、需給調整規制を段階的に緩和し、量販店の新規参入を促してきた
 食品スーパー(SM)を中心に、ドラッグストア(DgS)やホームセンター(HC)など複数の業態を展開するバローホールディングス(岐阜県)。現在は201
 手軽さや簡便性、デザイン性など、塗料カテゴリーでは、今期もさまざまな新商品が注目を集めている。昨今のトレンドを踏まえた商品開発によって、幅広いユーザ
 DIYでのセルフリノベーションが人気を集めている。女性を含むビギナー層の参入が期待されるなかで、パワーツールの機能を活用することは、ビギナーだからこ
 プロユース部門を強化するホームセンター(HC)が増えているが、商品政策(MD)戦略の基本方針は企業によって異なる。長野県を中心に、HCやスーパーセン
文=今井 孝典 共同印刷 トータルソリューションオフィス マーケティング企画部担当課長    
岡山県を本拠とし中国地方で事業展開する百貨店の天満屋。「お客様が求めるものを提供し、地域に貢献する」ことを重視する営業政策により、各地域の支持を得ている。しかし